SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Events & Seminars

現実的なSOA導入のアプローチとは?

Impact 2010 【A-2】 SOA導入―本当の姿 ―株式会社東京証券取引所事例―

東京証券取引所では、個別最適を重ねた結果として時代の要請に応えられなくなった旧システムをSOAアーキテクチャーで更改した。その先駆けとなった不正取引監視システム構築における取り組みから、SOA導入の現実的なアプローチを探る。

東京証券取引所のシステムが抱える課題解決のためSOAを導入

 1999年の株券売買立会場を閉場して以降、東京証券取引所の業務は全面的にシステムに依存している。一方で、1980年代に構築されたシステムは長年の増改築の結果、さまざまな課題を抱えていた。

 ひとつはシステムの硬直化。法制度への対応や新商品の開発が多く、システムの改変や追加への要求が高い金融業界にあって、影響調査だけでも1年かかってしまう状態は致命的な問題だった。サイロ化の問題もある。他の大企業と同じように各部門でシステムを導入してきた結果、社内の各所で機能やデータが重複していた。また、仕様が難解な上に、業務に精通する技術者が少ない点も悩みのタネだったという。

株式会社協和エクシオ
ビジネス・ソリューション事業本部
営業本部 営業SE部門 部長 戸塚勝巳氏
株式会社協和エクシオ ビジネス・ソリューション事業本部 営業本部 営業SE部門 部長 戸塚勝巳氏

 これらの課題に対応するべく、東京証券取引所はSOAの採用を決断。2010年1月から稼働する超高速の次世代売買システムarrowheadや、アルゴリズム売買などの市場環境の変化への対応を迫られていた不正取引監視システムを皮切りに、部門や業務で縦割りになった情報系システムを段階的にSOA基盤の上に移行し、環境変化に強いシステムを目指すことにした。開発担当には、国内で50ものSOAプロジェクト経験を買われた協和エクシオが選ばれた。

東京証券取引所の課題解決アプローチ
東京証券取引所の課題解決アプローチ

 


 

 

次のページ
SOA導入の壁

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Events & Seminars連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

久原 秀夫(クハラ ヒデオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2432 2010/07/27 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング