SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

データ活用新時代

東京国立博物館が積極的にスマートフォンを活用する理由

東京国立博物館 学芸企画部 博物館教育課 課長 今井敦氏

東京国立博物館が2011年1月18日(火)から開催している「とーはくナビ」ではAndroid端末と位置情報データを活用した新しい鑑賞スタイルを提 案している。一見するとITとは無縁のように思える博物館が、なぜスマートフォンを使った先進的なチャレンジに至ったのか。プロジェクトの担当者に話を聞 いた。

新しい技術を使って、新しい見せ方をやってみたかった

独立行政法人国立文化財機構東京国立博物館 学芸企画部 博物館教育課課長 今井 敦氏
独立行政法人国立文化財機構東京国立博物館 
学芸企画部 博物館教育課
課長 今井 敦氏

-とーはくナビを企画された背景を教えて下さい。

 主に、総合文化展、去年まで平常展と言っていましたが、その集客が目的です。一つのテーマに沿って期間限定で行う特別展は、非常にたくさんのお客さんにご来館いただける一方で、総合文化展は600円と入場料も安いし、国宝も重要文化財も常にたくさん並んでいるのになかなか入ってもらえないという状況がありました。

 もちろん、広報力も影響しているんでしょうが、これだけ広い空間に多数の展示物が並んでいるので、なにを、どこから、どのように見れば良いのか分からないというご意見も多かったのですね。多くの特別展では、200~300点を展示していますが、総合文化展では約3,000点もの展示品が常に並んでいます。端から全部じっくり見ていくと、半日、もしくは一日あっても足りませんし、途中でタイムアップしてしまう。

 パスポートを持ってらっしゃるような常連会員さんは、好きなものを自由に見ていかれるので問題ないのですが、普段博物館にいらっしゃらない方々に興味を持っていただくためには、何らかのフォローをする必要があると考えました。それから、海外からの観光客の存在も大きい。東京国立博物館は日本文化の全てのジャンルについて、いつ来ても、ひととおり見ることができる貴重な場なのですが、「いざ来てみると、何からどう見たらいいのか分からない」というご相談を受けることが多かった。

 そこで、例えば、初心者が「30分だけ時間があるから日本文化のさわりを見たい」「1時間使って詳しく見たい」という要望に対して、「ココとココを見たらいかがでしょうか?」とご案内をするものがあったら良いのではないか、そう考えたのです。30分でこれだけ楽しめるんだったら、次はもうちょっと時間を作ってこようかな、という具合になりますよね。

-今回のアイディアに至った経緯を教えてください。

 きっかけは、今回の開発を担当していただいたクウジットさんからの提案です。今回の「とーはくナビ」にも利用している位置情報システムは、適切なタイミングで情報を送ることによって人の流れを作るというもの。イベント会場やショッピングモールで実績を重ねていましたが、限られた時間で平常展を楽しんでもらうためのナビゲーションを作るためにも活用できるんじゃないかと考えました。昨年1月の「法隆寺宝物館」での実証実験が成功したので、今回の試みに結びついたというわけです。

-スマートフォンを採用されている点が斬新ですね。

 もちろん、音声ガイドやタッチパネルといった従来型の手段も考えられたのですが、せっかくなら新しいテクノロジーを使って、新しい見せ方をやってみたい。その点、今や、街歩きをするときにスマートフォンをナビ代わりに使うのは当たり前になっていますから、利用者にとって一番受け入れやすい形だと考えました。

 スマートフォンを使えば、見せ方の選択肢も増えます。例えば、展示を深く理解してもらうために普段からワークショップなども開催していますが、それを画面上でバーチャルに、実際の展示品の前で見せられる。「蒔絵の原理はこんな感じ」「この鈴は振るとこんな音色がする」といった具合に、現物と向かい合いながらより深い鑑賞を可能にすることで、博物館の体験をより価値のあるものにできるわけです。

 従来の音声ガイドと違って、前例がなかったので、事務的な手続きの面では一苦労しましたが、作品の解説ではなくナビゲーションとして使う事例としては先進的な取り組みになっていると思います。

 (次ページへ続く)

次のページ
スマートフォンだからこそ可能になった新しい表現

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
データ活用新時代連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

緒方 啓吾(編集部)(オガタ ケイゴ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2995 2011/03/23 00:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング