SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT Initiative Day

信頼できる最適なデータをタイムリーに提供し、データ駆動型企業を実現


 2月14日に開催された『IT Initiative Day 2011~成長のためのデータマネジメント・統合・分析』(主催:翔泳社)において、インフォマティカ・ジャパン株式会社 マーケティングディレクター 山本哲也氏が講演をおこなった。企業が難しい経営の舵取りを求められる中、もっとも重要な資産はデータである。企業統合やグローバル化、成長戦略を描くと同時に業務の効率化が求められる状況に対応するには、信頼できるデータに必要なときにアクセスできることが重要になる。このセッションでは、昨今の企業の課題が提示され、データの重要性が事例をまじえて解説された。

多様化するビジネスを阻害するデータの信頼性問題

インフォマティカ・ジャパン株式会社 マーケティングディレクター 山本哲也氏
インフォマティカ・ジャパン株式会社 マーケティングディレクター 山本哲也氏

 企業を取り巻く経済環境のグローバル化が加速している。インフォマティカの山本哲也氏は、多様化するビジネスストラテジーを表すキーワードとして、グローバリゼーションに加え、統合、成長、業務の効率化、統制(ガバナンス)を挙げた。

 日本企業が海外の売上比率を上げるために海外進出を加速するのと同時に、規模の拡大や展開を早めるための合併や企業買収も増えている。企業のビジネス推進にとってITは切り離すことのできない重要なファクターだ。例えば買収先のコアビジネスとのシナジー効果を早く享受するためには、ITの統合も早める必要があるからである。

 また企業成長のための新規顧客獲得と同時に、既存の顧客を維持するためには新たなサービスを提供できる体制が必要であり、そこでポイントとなるのは顧客データベースの管理である。海外でビジネス活動を展開する際には、現地の文化を尊重し、様々な法制度にも対応しなければならない。一方、コアでないビジネスについては、アウトソースすることも一般化しており、そこでもガバナンスが必要になっている。同時にパートナー企業同士のネットワークを結び、自動化を図ることが必要となってくる。最終的にはビジネスの俊敏性を実現するため、会社が置かれている状況をリアルタイムに把握し、それを次の戦略に役立てることも求められる。

 そこでキーとなるのが、企業が所有するデータの活用だ。しかし山本氏は「信頼できるデータの欠如が、企業活動における重要なビジネスの実現を阻害している」と指摘する。ITが急速に普及する中で、システムが各事業部で別々に構築された結果、社内には多種多様なデータが存在する。最近ではSNSに代表されるビッグデータと呼ばれるものが急増し、企業のクラウドコンピューティングへの対応が、この状況を加速していると考えられる。しかし、クラウドコンピューティングにも課題がある。クラウドのデータを統合する場合、それが本当に信頼できるデータなのか、適切なタイミングで取得できているか、なかなか認識することが難しい。多くの企業はデータの一貫性、マッピング、アクセス性、適時性、保護、精度においてさまざまな課題を抱えているのが実情だ。

 また、データ統合アプローチについての調査では、87%の企業がデータ統合に手組みで取り組んでいると報告されている。統合するデータは生産系のシステム、Webなど多種多様であり、影響度なども考慮しながらの作業は、手間が大きくなる。山本氏は手組みによる統合の問題点として「新規システム統合における負担の大きさ」、「柔軟性に欠けるハンドコードの統合ポイント」、「一時データの統合方法」の三つを挙げた。

(次ページへ続く)

次のページ
信頼できるデータ取得を可能にする環境とアプローチ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IT Initiative Day連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3077 2011/04/28 11:59

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング