EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

DB Online 2011 May マイクロソフトに訊く/どうする?データベースの災害対策(バックアップ編)

edited by DB Online   2011/05/20 07:00

まずはバックアップを確実にとること!

いま、災害対策の強化を迫られているITシステム担当者は多いだろう。最初に考えるべきは、バックアップを確実にとるところからだ。Microsoft SQL Serverには、サーバーをオンラインのままに行えるバックアップには以下の3つの方法が用意されている。

・完全バックアップ(フル バックアップ)
・差分バックアップ
・ログ バックアップ(トランザクション ログ バックアップ)

フルバックアップの取得時間が長く、対してログバックアップは短いサイクルでバックアップになる。自社データベースサーバーが、トラブルに遭遇した際にどの時点まで戻れればいいかに応じ、これら方法を組み合わせて利用する。きちんとした管理をするにはバックアップポリシーを決め、それに従ったバックアップの設定と運用を行えばいい。

バックアップポリシー用のツールもある。

System Center Data Protection Managerというツールを用意しています。これを使えばウィザード形式で質問に答えていくだけで簡単にバックアップポリシーが決められ、あとはそれに従って自動でバックアップをとってくれます」(北川氏)

漫然とバックアップをとるのではなく、災害対策を改めて考える際には、まずはきちんとしたバックアップポリシーの構築をお薦めするとのことだ。

なお、System Center Data Protection Manager は SQL Server とは別の有償製品となるが、SQL Server の標準管理ツールである SQL Server Management Studio から設定可能な Maintenance Plan Wizardもあるとのこと。

Maintenance Plan Wizardの画面

●System Center Data Protection Managerの自習書はこちら


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリストとして、クラウド、データベース、ビッグデータ活用などをキーワードに、エンタープライズIT関連の取材、執筆を行っている。

バックナンバー

連載:DB Online Monthly Special

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5