EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

アシストの5人のサムライに訊く、データベースのいま

edited by DB Online   2013/10/07 12:00

 リレーショナルデータベースの進化を見逃すな!

 11/7(木)Database One Day Seminar開催!プログラム詳細はこちら

みんな、気持ちのどこかにOracleを残している

cap
Oracle担当の関さん

 谷川:バラエティがそろったところでオラクルに話を戻すと、Oracle Database 12cが出てアシストとしてはどう評価していますか?

 関:いまPostgreSQLやInfiniDBなど、いろんな担当が出てきていますが、みんな技術的にはOracle Databaseを経験しています。弊社の育成マップがそうなので。だからみんな気持ちのどこかにOracle Databaseを残しているところがあるんです。

 一同:(笑)

 関:Oracle Databaseが欠かせない存在なのは間違いありません。12cが出て興味深かったのは、オラクルのトム・カイトが紹介した「12cの12の新機能」ビデオでした。冒頭から、ほかのデータベースにあってOracle Databaseになかった機能が紹介されていて、Oracle Databaseがほかのデータベースにある機能を取り入れるという流れが今までにはないイメージで意外でした。

 高瀬:いままでオラクルはほかのデータベースにはあまり関知しないイメージでしたからね。

 谷川:面白い進化かな。

 関:いろんなデータベースを使った上で、「やはりオラクルがいいな」と思うような機能を実装し始めてきているのかなと思いました。

 岸和田:マルチテナントのコンセプトはMySQL、PostgreSQLでは以前から実装されていますし。

 谷川:昔はハードウェアのスペックからしたら重くなってしまいがちでしたから。時代にあった機能なのかな。

 花谷:いろいろと知った上で、選択肢が増えたのはよいことだと思います。要件次第で最適なものをお客様にご提案できます。

 谷川:オラクルのアシストからデータベースのアシストになってきたというわけですね。

cap

 小野:Oracle Databaseをベースにしているというのは強みだと思います。

 岸和田:それを一番実感しているのは高瀬です。

 高瀬:いまOracle DatabaseとPostgreSQLを併用するためのガイドライン作成や支援などをやっており、Oracle Databaseを知っていることは強みになっています。

 谷川:両方知っていると、欠けているものが分かりますからね。MySQLも同様ですか?

 花谷:そうですね。単体で勝負しなくていいのが私たちの強みだと思っています。既存資産を拝見させてもらった上で「これなら○○でいけますね。これなら既存(Oracle Database)を残して、別の部分では○○が使えますね」などと提案できます。

 岸和田:Oracle Databaseだけで構成した方が良い場合もあります。

 花谷:そこはお客様のITへの考え方、企業文化、経緯、将来図など、多様な要件がからみますね。何が一番大事か。

 谷川:その会話ができること、お客様に最適な解を答えられるようになったのはいいですね。

 小野:より最適な解をご提案するということですね。


著者プロフィール

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online の取材・記事も担当しています。 Webサイト:http://emiekayama.net

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5