SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

システム管理者のための夏期講習(AD)

【特別鼎談Ⅱ】情報を発信しないと情報は集まらない!コミュニティ活動でキャリアアップを図れ

大成建設 田辺要平氏×クラウドワークス 大場光一郎氏×co-meeting 吉田雄哉氏

コミュニティ活動でキャリアアップ

吉田:システム管理者も従来のイメージと変わっていかなければ、大場さんの言うように淘汰されていくと思います。ではどう変わればよいのか。例えば田辺さんのようなイノベーターにどうすればなれますか。

 
  田辺 要平氏(一級建築士)大成建設株式会社
建築本部建築部企画室 業務改革推進担当 課長
田辺 要平氏(一級建築士) 
1994年大成建設へ入社したのち、様々なプロジェクトの施工管理に従事。 1997年本社建築本部へ異動後は、大型積算システム開発の担 当や同社住宅事業のIT化を指揮。 2003年には三菱商事「建設サイト・シリーズ」の開発協力および社内導入を担当し、現在は建築施工 部門のASP・クラウド利用などを中心とした業務改革のIT責任者となる。 2011年リリースのiOSアプリ「Field Pad」では企画・開発の中心メンバー。
これまでの経験を元に、今年7月より企業内イノベーターを支援する「Innovation Café」の実行委員に。
www.facebook.com/InnovationC
現在、大塚製薬のSOYJOYキャンペーンサイトでも掲載されている。 www.otsuka.co.jp/soy/sp/
▲田辺 要平氏(一級建築士)
大成建設株式会社 建築本部建築部企画室 業務改革推進担当 課長 
1994年大成建設へ入社したのち、様々なプロジェクトの施工管理に従事。
1997年本社建築本部へ異動後は、大型積算システム開発の担当や同社
住宅事業のIT化を指揮。2003年には三菱商事「建設サイト・シリーズ」の
開発協力および社内導入を担当し、現在は建築施工部門のASP・クラウド
利用などを中心とした業務改革のIT責任者となる。2011年リリースのiOS
アプリ「Field Pad」では企画・開発の中心メンバー。これまでの経験を元に、
今年7月より企業内イノベーターを支援する「Innovation Café」の実行委員
に。現在、大塚製薬のSOYJOYキャンペーンサイトでも掲載されている。 

田辺:人がやることにはノウハウに個性がかけ算されます。だから現実的に同じ人間を育成することはできないというのが答えですね。ただイノベーターを育成する一つの解として提案したいのが、「Innovation Cafe」です。これは7月17日から始動する企業内イノベーターとして成長するための異業種コミュニティです。私も実行委員を務めています。

大場:私がコンピュータシステムの開発の方法を学んだきっかけは、Meadowという宮下尚さんが開発したオープンソースソフトウェア(OSS)のコントリビューターとして参加したのがきっかけなんですね。SIerで行われるシステムの開発手法は建築業界のやり方を非常に参考にしていて、システムをまるで建築物であるかのように作ります。たとえば最初に住みたい家を定義して、それに合う設計をし、資材を集めて作っていくようなやりかたです。しかし、ソフトウェアには建築物とは大きく異なる「目に見えないもの」という特徴があって、同じようなやり方では必ずしもうまくゆきません。完成したシステムは、最初に想定したものとは違ったモノができてしまうことが多い。一方、2社目のグリーでは「何を作ればよいか」という答えがなく、開発の指標は、ただユーザーがどうすれば喜んでくれるかなんです。ユーザーファーストの開発です。クラウドワークスも同様で、答えは用意されていない。しかも開発はアジャイル。これはOSSの開発手法に近いんです。もし僕のような人材を作るとすれば、OSSのコミュニティに参加することをおすすめします。

吉田:OSSのコミュニティに入るのに、ためらいや怖さは感じなかったんですか?

大場:東京に出てきたばかりで、誰も知り合いがいなかったんです。その寂しさ、ぼっち感を解消したいと思い、参加したので怖いという思いはありませんでしたね。宮下さんに初めてお会いしたときは、「捨てられた子犬みたいに仲間を求めていたよね」と言われましたが…。

吉田:お二人とも、コミュニティ活動をされていますが、知らない人とでも話をするのは特に苦手ではないんでしょうか。

田辺:私は基本的に好きですね。元々好きだったとは思うのですが、職業柄というところも大きいと思います。例えば、当社では2003年にプライベートクラウドを導入しましたが、当時はクラウドという言葉は当然なく、だれも理解していません。そんな状況で自分が考えていることを実行するには、まずは人にきちんと考えが伝わるように話すことなんです。これまでいくつもの新しい試みをしてきましたが、そのたびに人に分かるように伝える苦労をしてきました。その結果、話すのが苦になるどころか、話し好きになったんだと思います。

大場:今の会社に転職してからは、いろんなところから講演の依頼が来るようになりました。ただ話すのは苦手なので、今回のパネルディスカッションもできればやりたくないぐらい(笑)。でも断ることはしません。

 

次のページ
話すことは人に価値を与え、自分にも価値をもたらす

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
システム管理者のための夏期講習連載記事一覧
この記事の著者

中村 仁美(ナカムラ ヒトミ)

教育大学卒業後、大手化学メーカーに入社。その後、ビジネスや技術に関する専門雑誌や書籍を発行する出版社、ITに特化したコンテンツサービス&プロモーション会社を経て、2002年、フリーランスライターとして独立。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/5976 2014/07/08 11:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング