SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

PM Conference2008レポート

コミュニケーションとモチベーションを管理する手法

組織の力=やる気をはかる―プロジェクトマネジメントの極意―


 リーダーの資質に左右される第1世代、大規模プロジェクトにスタッフ一丸となって挑む第2世代、そして自らが価値を創造する第3世代まで。オムロンソフトウェア株式会社の竹林一氏は、長年の経験からマネジメントの進化をこう語る。そして個々のプロジェクト成功の裏には、組織力を最大限発揮させるための武器として、人や組織、そして感情までを「はかる」ユニークな仕掛けが存在していた。

プロジェクトマネジメント成功の鍵

 オムロン入社以来、ソフトウェア開発者としてスタートした私は現在、ソフトウェア開発会社の経営を見ています。ソフト開発を振り出しにシステム開発、ビジネスモデル開発、そして事業の構造改革へとこの30年近くの間に、手がける領域は拡大していき、これに伴って、マネジメントスタイルも進化させてきました。

オムロンソフトウェア株式会社 代表取締役社長 竹林一氏
オムロンソフトウェア株式会社 代表取締役社長 竹林一氏

 すなわち、ソフトウェア開発のマネジメントではソフトウェアという目に見えにくい領域を管理する困難さを学び、システム開発では大人数を視野に置く効率的なマネジメント手法、いわゆるプロジェクトマネジメントが必要となりました。さらにビジネスモデルの開発に携わるようになると、価値創造のマネジメント手法を自分なりに勉強し、チャレンジするようになっていったのです。

ソフトウェア開発からソフト開発会社の経営へ
ソフトウェア開発からソフト開発会社の経営へ

失敗しないための3つのキー

 長くこの仕事に携わってきたけれども、残念ながらプロジェクトを必ず成功させる鍵はまだ発見できていません。しかし、必ず失敗する鍵は見つけました。「見ざる・聞かざる・言わざる」です。

 コミュニケーション能力が低くモチベーションも低い組織にイノベーションはありません。失敗は火を見るより明らかです。したがって、コミュニケーションとモチベーションの2つを高めて、組織力を最大限に活性化するのがリーダーの役目ということになります。

進化するマネジメント

 プロジェクトマネジメントには3つの形があると私は思っています。第1世代は「目標達成型」です。いつまでに納品しよう、頑張ろうというマネジメントで、リーダーが引っ張ることで、プロジェクトは成功に導かれます。

 これがプロジェクトの規模が巨大になり、参加する人員の数も増えていくと、第2世代の「プロセス重視型」に変わります。1人のリーダーが全てを見ることは不可能になってくるため、ここでは組織の力が問われるようになります。さらに第3世代では、イノベーションを創出できる組織に進化させていかなくてはなりません。

 皆さん自身、今どの段階にあるのかを判断していただきたいと思います。

進化するマネージメント
進化するマネージメント

次のページ
目標を達成するマネジメント

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
PM Conference2008レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

陣内 一徳(ジンナイ カズノリ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/673 2008/09/11 18:19

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング