SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DBプロに会いたい!

SQL制御のスペシャリストが教える「難ミッション」両立のヒミツ―日立製作所 白木晶子さん


 高い信頼性で知られ、ミッションクリティカル領域で豊富な実績を誇る国産データベース製品「HiRDB」。その心臓部ともいえるSQL制御コンポーネントの設計開発に長年携わっているのが、日立製作所(以下、日立) ICT事業統括本部 DB部 技師の白木晶子さんだ。白木さんはまた、3児の子育てに日々奮闘する母としての顔も持つ。「DBプロ」と「DBママ」。この2つの難ミッションを、白木さんはどうやって両立させているのだろうか?

苦手な半田付けから逃れるために(?)回路設計からDBプロへ転身!

白木晶子さん
日立製作所 
IT基盤ソリューション本部 DB部 技師
白木晶子さん

 HiRDBの開発部門で白木さんが担当するのは、「SQL制御」と呼ばれる機能。SQL文を解釈し、最も効率のいい実行パスを割り出すのがその主な役目で、データベースの性能を大きく左右するまさに心臓部というべきコア機能だ。その設計開発に長年携わる「生粋のデータベース開発者」である白木さんだが、実は日立に入社した当時はデータベースとはまったく無縁の部署に配属された。

 「大学時代は物理専攻で、金属の物性の研究をしていました。研究で使う簡単なプログラムの開発は行っていましたが、データベースとはまったく無縁で、日立に入社した当初の配属先もハードウェア部門でした。でも、ハードウェアの仕事はいろんな意味でプレッシャーがきつくて……」

 特に苦労したのが「半田付け」。白木さんが当時担当していたのは、ハイエンドサーバの基板設計。この仕事で扱う基板部品は、モノによっては何十万もするというシロモノ。もし万が一その半田付け作業に失敗すれば、この基板が一瞬にしてパーになってしまう。

 「私が必死に半田付けをしていると、イタズラ好きな先輩が後ろからそっと耳元で『もし失敗したら、ボーナスが飛ぶよ……』なんてささやくんです(笑)。もちろん冗談ですが、それぐらいシビアな作業であったことは確かです。どうしても半田付けがうまくならなくて、以前お世話になった社内の先輩に電話で相談してみたんです」

 そのときたまたま相談したのが、データベースの開発部門にいる先輩だった。実は白木さん、新人研修の一環として、データベース部門での実習を経験していたのだ。そのときお世話になった先輩に相談してみたところ、とんとん拍子でデータベース部門への異動が決まり、遅ればせながらDBプロとしてのキャリアがスタートしたのだった。

 とはいえ、それまで基板の回路設計という「こてこてのハードウェア」の世界にいた白木さん。当然のことながら、新人研修で学んだデータベースのデの字くらいの知識しかなかったという。

 「今思うと、『データベース? なにそれ、おいしいの?』というレベルでしたね(笑)。にもかかわらず、異動して1カ月後にはSQL制御のサブコンポーネントの開発リーダーに任命されて、しかもなぜかメンバーには下には主任クラスの先輩もいて……無茶振りもいいところですよね! もちろん今になって振り返れば、『データベースエンジニアとして一刻も早く立ち上がってほしい』という上司の親心だったと思っていますが」

 果たして上司の思惑通り(?)、ここから白木さんの猛勉強が始まる。担当するコンポーネントのソースコードを、ひたすら頭から読み込んだ。明けても暮れてもソースコードとにらめっこ。どうしても分からないところがあると、先輩にレクチャーをお願いした。幸い、HiRDBの開発部隊には国内屈指のSQL技術者が集まっており、そんな猛者たちの間で揉まれるうち、もともと潜在的に持っていたDBプロとしての素質が開花したのか、白木さんもほどなくSQL制御の専門家として独り立ちできるようになったという。

次のページ
次から次へと振ってくる難ミッション……そして出産

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DBプロに会いたい!連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

吉村 哲樹(ヨシムラ テツキ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/8052 2016/05/27 22:47

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング