SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2023 春の陣

2023年3月14日(火)10:00~16:00

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

SaaSベンダーのWorkdayが新たに目指す、Salesforceが成功させたPaaS活用のビジネスモデル


Workday Rising 2017ではAnalytics機能の「Workday Prism Analytics」、Data as a Serviceの「Workday ベンチマーキング」の2つが発表された。そしてもう1つ大きな発表となったのが、SaaSベンダーのWorkdayもいよいよPaaSとなる「Workday Cloud Platform」を提供することだ。

SaaSベンダーのWorkdayもいよいよPaaSを提供

Workdayプラットフォームテクノロジーのシニアバイスプレジデント ダン・ベック氏
Workdayプラットフォームテクノロジー
シニアバイスプレジデント ダン・ベック氏

 Workdayプラットフォームテクノロジーのシニアバイスプレジデント ダン・ベック氏は、Workday Cloud Platformを使うことでWorkdayの顧客が拡張機能やアプリケーションを容易に構築できるようになると説明する。Cloud Platformは標準ベースのAPIを多数提供するものになる。Workday Cloud Platformの機能は、6社のでデザインパートナーと一緒に開発してきたものだ。

 WorkdayはこのPaaSを使ってアプリケーションを開発するための、ビルディングブロックを提供するのが基本の方針だ。ユーザーインターフェイスやワークフロー、自然言語で会話ができるChat機能などもそれぞれ部品として利用できる。さらに、WorkdayのHRやファイナンシャルのアプリケーションのデータなどにもアクセスできる。これらさまざまな機能を持つビルディングブロックを部品として利用し、新たなビジネスプロセスやユーザーインターフェイス、データモデルやワークフローを組み込んだアプリケーションを開発できる。

 Workday Cloud Platformは、顧客自身が利用することもできるし、Workdayの導入支援などを行うSI企業などが利用して顧客のための拡張機能を構築することも可能だ。またISVなどが、Workdayの各種アプリケーションと連携する独自アプリケーションを構築することもできる。

 「Workday Cloud Platformは、Salesforce.comのForce.comのようなものになります。なので、Salesforceが行って成功を収めているISVとのビジネス協業モデルと、同様なことが日本でもできるのではと期待しています」(ベック氏)

 Workday Cloud Platformだけでもさまざまな機能を構築できるが、さらにAmazon Web ServicesやMicrosoft Azure、Google Cloud Platformなどのパブリッククラウドが提供する機能と連携させ、さらに多彩なアプリケーションを実現できるともベック氏は説明する。

 WorkdayではCloud Platformをパートナー企業などが使いこなせるようにするために、まずは80社のソフトウェアパートナーなどを対象に8週間のトレーニングプログラムも提供する。Workday Cloud Platformの正式な提供開始は2018年になる予定で、当初は限定した顧客から展開し徐々に利用者を広げていく。

次のページ
目指せSalesforceのAppExchangeのエコシステム

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/9947 2017/10/17 13:30

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2023年3月14日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング