EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

(第10回) 「3.11」を契機に“本質”が見直される、日本企業の「危機管理」の在り方

前回は、企業がグローバル化するに伴って直面しているリスクと、それに対するガバナンス体制の構築方法の概要について解説しました。今回の記事については、BCPを例に取り、具体的なリスク分析からガバナンス体制の構築方法について解説します。今までの連載は、こちら

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • ベイカレント・コンサルティング 坂井孝司(サカイコウジ)

    株式会社ベイカレント・コンサルティング マネージャー 東京工業大学大学院にて原子力工学を修了。日本ヒューレットパッカードでシステム開発、新規サービス企画、デロイトトーマツコンサルティングで、事業戦略立案、新規サービス企画、業務改革等のコンサルティング業務に従事。2012年に入社し現職。

バックナンバー

連載:日本企業の進化論-激動の時代に生き残るための選択肢

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5