EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

(第18回)  「サービスデザイン」と「リーンスタートアップ」によるビジネスのリ・デザイン

  2013/06/27 08:00

ポイントになるサービスを切り出し、リーンに開発を進める

 リーンスタートアップのアプローチを取り入れつつ、ビジネス全体を見直すようなサービスデザインを行う際に大事なのは、はじめに完璧な絵=計画を描ききろうとしないことだと思います。サービスデザインのみのアプローチでいくと、ついついサービスの全体像を詳細に描くことを目指しがちですが、その進め方は避けたいところです。

 新しいサービスをゼロからつくりあげようとする場合ならなおさらです。誰も使わないサービスを完璧に作り上げてしまうといったことにならないよう、リーンスタートアップ的なアプローチをうまく取り入れることが必要です。

 それでも、はじめにどんなことを実現したいのかといった大まかなビジョンをイメージ合わせしておくことは大事です。その点では、リーンスタートアップにないサービスデザイン的な姿勢が重要でしょう。ただし、大まかなビジョンを描いたあと、そこからすぐに詳細なデザイン=計画に落とし込む方向に進むのではなく、いくつかポイントになりそうなサービスをパーツとして切り出しましょう。最初に取り組むべきテーマを決めるのです。

 そのうえで、下の表のように、テーマごとに現状のステータスや課題、一定期間後に到達したいゴールを決め、バリデーションボードのExploration – Pitch – Conciergeのフレームワークなどを共通のツールとして用いて全体を管理できるようにしています。そして基本的には、テーマごと自律した形で仮説検証を進められるようにします。

全体像をイメージしつつもポイントになるサービスを切り出し小さく進められるように

 ここで行っているのは、1:サービスデザイン的な包括的な視点で複数のテーマを視野に入れつつも、2:個別のテーマそれぞれの実現に向けては実験による仮説検証を行いながらリーンに進める、という複合的なアプローチです。

 個別テーマでの学びはサービス全体の学びとなり、ときにはテーマAでの学びに影響を受け、BやCなどのほかのテーマについても、ピボットを行う必要が生じたりします。そのマネジメントが大変なことは間違いないですが、ウォーターフォール型にデザインを進めることに比べれば、はるかに無駄は少なくなっているはずです。

 もちろん、「リーンスタートアップ」と「サービスデザイン」のアプローチを組み合わせた形でのビジネス、つまり包括的なビジネスのリデザインに関しては、まだまだこれから工夫の余地があるものです。複数テーマを同時並行的に進める方法も、テーマごとに個別チームがある程度独立してリーンスタートアップ的にサービスのあり方を模索する活動をしていく必要があります。そして、そのためのチームづくりもなかなか難しい課題だったりもします。

 ただ、間違いなく、そうした工夫や課題はチャレンジしがいのあるものです。今後のビジネス環境においては、自らのビジネスのあり方を適切な形に変化させていくためには、ますます求められるものだと感じています。

 「小さな学びの積み重ね」と「包括的な視点での統合」。この簡単には結びつけにくい2つの方向性を苦労しながらも追い求めるところに、新しいビジネスの可能性が生まれてくるのだと思います。



著者プロフィール

  • 棚橋弘季(タナハシヒロキ)

    棚橋弘季(たなはしひろき) 株式会社ロフトワーク所属。イノベーションメーカー。デザイン思考やコ・デザイン、リーン・スタートアップなどの手法を用いてクライアント企業のイノベーション創出の支援を行う。ブログ「DESIGN IT! w/LOVE」。著書に『デザイン思考の仕事術』 など。

バックナンバー

連載:ThinkSocialな時代のビジネスデザイン

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5