SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Onlineの注目記事

  • 「今後利用したいデータベース」1位の『TiDB』はなぜ支持される?──“10年先を見据えた選択”を

     DXで必須のデータ活用、そのための大量データを扱う鍵がデータベースシステムだ。Oracle DatabaseやMicrosoft SQL Se...

    17151_side.png
    0
  • MySQL HeatWaveのレプリケーション機能

     第10回はMySQL HeatWaveのレプリケーション機能について解説します。MySQLの定番機能ともいえるレプリケーションはクラウドでも幅...

    Dolphin_character_list.jpg
    0
  • Salesforce CDPは揺れるSalesforceの起死回生の一手となるか?

     デジタル変革を進める上で、顧客との関係性をより良いものにすることが企業に求められている。そのために顧客とのあらゆる接点情報を集め、顧客に最適な...

    17210_list.jpg
    0
  • 日産自動車によるクラウド基盤でのデータ活用、グローバル規模での情報集約を目指す

     激動期にある自動車業界において、データ活用は欠かせない。そのような同業界で強い存在感を示している日産自動車における取り組みの1つが「Vehic...

    16771_400.png
    0
  • 構造化データと非構造化データに対応する、万能プラットフォーム「レイクハウス」が生まれるまで

     本稿では、古典的なデータウェアハウスから出発し、データレイクを経てレイクハウスに至った背景、そして、レイクハウスがなぜデータ基盤として最適なア...

    Databricks_400.png
    2
  • キーワードから占う2023年のエンタープライズITを取り巻く動向

     2022年は引き続きのコロナ禍の中、IT業界はリモートワークが続きオンラインイベントが主流だった。とはいえ年の後半では徐々にリアルなイベントな...

    tanikawa.jpg
    0

1862件中1~6件を表示

DB Onlineのテーマ別新着一覧

DB Onlineの人気記事の執筆者

Job Board

PR

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング