SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

著者情報

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター

かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリストとして、クラウド、データベース、ビッグデータ活用などをキーワードに、エンタープライズIT関連の取材、執筆を行っている。


執筆記事

  • MySQL HeatWave on AWSの提供開始でAWSとOracleの距離は近くなるのか?

     Oracleが発表したMySQL HeatWave on AWS。従来、Oracleのクラウドだけでしか利用できなかった同サービスが、AWSで...

    tanikawa.jpg
    0
  • 煩雑な“Excel管理”の乗り換え先として注目、ローコード開発ツール「プリザンター」に込めた想い

     日々の業務に追われる業務部門では、従来の作業の進め方を変えられず非効率な状況が発生している。デジタル化が多少進んでいても、担当者がExcelな...

    16453_side.png
    6
  • 進むクラウドDB活用、そのメリットとRedshiftのコスト課題解決方法をアシストに聞く

     AWS上のデータベースといえば、Amazon RDS、Amazon Aurora、Amazon Redshiftがある。中でもデータ分析基盤と...

    tanikawa.jpg
    3
  • SUBARUが直面したHPC環境の電力やスペース不足 「OCI」を移行環境に選んだ理由を訊いた

     製造業ではコストを抑えた効率的な製造、製品の安全性評価などのために「CAE(Computer-Aided Engineering)」のシミュレ...

    16584_400.jpg
    3
  • 認識すべきAmazon AuroraとPostgreSQLの長所 両者の使い分けポイントに迫る

     アマゾン ウェブ サービス(AWS)ではIaaSだけでなく、様々なマネージドサービスの利用が増えている。現状ではリレーショナル・データベースシ...

    1613.jpg
    1
  • CTC×NVIDIA×VMwareの3社に訊いた、頭を悩ませる「AI開発環境」構築のアプローチ法

     AI、機械学習の活用が企業の競争戦略で必須となりつつある。そのために、AI開発環境の構築に取り組み始めた企業は多い。しかしながら、AI開発のイ...

    16425_400.png
    1
  • なぜSAP、Oracle、AWSはSDGs支援ソリューションを提供するのか?

     テレビなどでも盛んに採りあげられている「SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)」。これは、...

    tanikawa.jpg
    2

1039件中1~7件を表示

戻る

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング