Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

IoTからクラウドのデータ分析までを網羅する古くて新しいデータベース群~Actian Zen 編

2018/07/30 11:00

 IoTの普及とともにシステムはエッジとクラウドの間を縫うように伸長している。主要なデータベースはオンプレミスとクラウドの両方で使えるものの、IoTのエッジまでは対応していないことが多い。するとどこかでデータベースの接続が途切れ、データ変換などの処理が生じてしまう。IoT、オンプレミス、クラウドまでシームレスなデータ連携をどう実現するかが課題だが、IoTや組み込み側のソリューションとなるのがActian Zenだ。

古くて新しいActian XとActian Zen

エージーテック 代表取締役 CEO 西上悟氏
エージーテック 代表取締役 CEO 西上 悟氏

 前回、古くて新しいデータベースとしてActian Xを紹介した。これはリレーショナルデータベースのIngresと分析向け列指向データベースVectorにさらにETLが加わったハイブリッドデータベースだ。今回紹介するActian Zenもまた古くて新しい。

 Actian Zenの名前になじみがなくても、恐らくエンジニアであればいつかどこかで使ったことがあるはず。このデータベースは1982年から提供されており、実に36年もの実績がある。当初はBtrieve、後にPervasiveやActian PSQLと改名しながらも進化を続けてきた。例えば90年代にNetWareを用いていたならBtrieveが標準データベースだったため、気づいていなくても使っていた可能性が高い。

 現在はActian Zenとなり、2018年7月12日にはIoTに最適化されたActian Zen Edgeをリリースした。近年では組み込みでの用途を広げていたため、自然な流れと言えるかもしれない。Actian XとActian Zenの日本語版を提供しているエージーテック 代表取締役CEO西上悟氏によると、Actian Xは商用のエンタープライズ系RDBMSであり、TCOで見ると非常に安価、Actian Zenの機能は必要最小限に絞り安価に抑えている。

資料7ページ目:データベース市場での位置づけ
データベース市場での位置づけ

 なお正確にはActian Zenとは総称で、いくつかのエディションに分かれている。パソコンやサーバー向けにはActian Zen ServerやActian Zen Workgroupがあり、これらは前身となるActian PSQLとほぼ同じと考えていい。さらに7月にリリースされたばかりのActian Zen Edge、年内リリース予定のActian Zen Coreがある(詳しくは後述)。

組み込みやIoTに適したActian Zenの特徴

 ここから改めてActian Zenの特徴を見ていこう。

 なんといってもフットプリントが小さくてすむデータベースであるということ。データベースの標準的な機能を実装しながらも、インストールフットプリントはActian Zen ServerとWorkgroupなら175MB、組み込みデバイスやIoTゲートウェイデバイスに使うActian Zen Edgeならその半分以下(30~40MB)、スマートフォンなどエッジデバイスに使うActian Zen Coreならライブラリ・エンジンで2MB以下だ。

 データベースとしてアクセスする時には、NoSQL的なAPIとRDB的なSQL、どちらからもアクセスできる。C/C++やC#からはBtrieve API、Python、PHP、PerlなどからはBtrieve2 APIが使える。ODBC、JDBC、ADO.NETなどからSQLが使える。

 内部的にはデータは「Common PSQL Data Format」で格納されている。その手前にAPIのエンジンとSQLのエンジンの両方があり、どちらからでもアクセスできるようになっている。また意外かもしれないがレプリケーションやバックアップ機能もついている。前者にはDataExchange、後者にはBackup Agentからバックアップソリューションを利用できる。

 ライセンス体系はCPUやコア数に依存せず(そのためハードウェアをアップグレードする時に追加費用が発生することはない)、シンプルに接続ユーザー数でカウントする。Actian Zen ServerとWorkgroupならユーザーあたり1~2万円台、Actian Zen Edgeならユーザーあたり2~3千円台(100または1000台分のロットで販売される)。Actian Zen Serverには無制限ライセンスもある。

 利用可能なプラットフォームが幅広いのも特徴だ。パソコンやサーバーならWindows、Windows Server、Linuxは当然として、Macもサポートしている。またエッジ向けにはWindows IoT Core(IntelとARM)とRaspbian(ARM)をサポートしており、近日中にiOSとAndroidも追加される予定だ。

 なおデータベースファイルだけではなくAPIは上位互換なので、互換性が高い。また、インストールやセットアップが簡単で安定稼働できるため、運用管理の手間が少なくてすむ。

 Actian Zenは簡易版データベースというイメージがあるものの、性能は決して悪くはない。Actian社が前身となるPSQL v12をベースにしたテストでは、APIアクセスとSQLアクセスともに商用データベースよりも高速という結果も出ている。応答速度はいろんな要素が混じるものの、そう遅くはないと考えていいだろう。


著者プロフィール

  • DB Online編集部(ディービーオンライン ヘンシュウブ)

    DB Online編集部 翔泳社 EnterpriseZine(EZ)が提供するデータベース/データテクノロジー専門メディア「DB Online」編集部です。皆様からの情報お待ちしています。 Twitter : https://twitter.com/db_online Fac...

  • 加山 恵美(カヤマ エミ)

    EnterpriseZine/Security Online キュレーター フリーランスライター。茨城大学理学部卒。金融機関のシステム子会社でシステムエンジニアを経験した後にIT系のライターとして独立。エンジニア視点で記事を提供していきたい。EnterpriseZine/DB Online&nbs...

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5