Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

検証で分かったOracle Database In-Memoryに関する10の真実 (前編)

edited by DB Online   2015/01/07 00:00

 Oracle Database In-Memoryがリリースされてから約5ヵ月が経ち、導入に向けた製品評価を行っている、あるいは行う予定があるという声を多く耳にするようになりました。4回目となる今回は、実際に検証しなければ分からないOracle Database In-Memoryの真実に迫ります。

※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。

著者プロフィール

  • 関 俊洋(セキ トシヒロ)

    株式会社アシスト データベース技術本部 データベース・エバンジェリスト データベース・システムの構築や運用トラブルの解決といったフィールド・サポート業務を経験し、その後は新製品の検証やソリューションの立ち上げに従事。現在はデータベースの価値や魅力を伝えるための執筆や講演活動を行っている。

バックナンバー

連載:既存の概念を覆す!Oracle Database In-Memoryのテクノロジー
All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5