EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Lotusphere Comes to you 2010 基調講演レポート 不景気の今こそ私たちの働き方を見直す千載一遇のチャンス~生まれ変わったLotusが日本のワークスタイルに貢献できること

  2010/03/25 13:30

IT調査会社もLotusソフトウェアを高く評価

 IBMのソフトウェア事業はSmarter Planetビジョンの下、人々のコラボレーションや知識の共有、あるいはビジネスプロセスの統合や最適化、そして意志決定に資する製品群をラインアップしている。その中でも特に本質的なものとしてポーリー氏がその重要性を強調するのがLotusソフトウェアだ。

 「LotusがIBMの本質であり、戦略的コンポーネントであることに関して誰にも曖昧な意見を持ってもらいたくない。LotusはIBMにとって非常に戦略的なソフトウェアだ」という同氏の言葉を裏付けるように、IBMがLotusソフトウェア事業に対して直近3年間で行なった投資額は約1000億円に上る。その期待に応えるべく、ソーシャルソフトウェア機能であるLotus Connectionsを追加し、LinuxからMacintosh、モバイルに至るまで幅広いデバイスへのアクセスを提供するなどLotusは非常に意欲的な展開を見せている。

 すでに、数千のパートナー企業がLotusソフトウェアを再評価しており、複数のIT調査会社が評価的なコメントを発表している。例えば、フォレスターはポータル製品の分野について高い評価を与えているほか、電子メールを中核としたコラボレーションインタフェースとしてガートナーは、Lotus Notes/Dominoを非常に高く評価している。

 「Lotus Notes/Domino 8は、今までのバージョンの中で最も成功したリリース。それは、今までのバージョンに存在しなかった企業改革を促す機能がこの製品に備わっているからだ」と同氏は胸を張る。

各IT調査会社によるLotusの評価
各IT調査会社によるLotusの評価

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

バックナンバー

連載:Events & Seminars

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5