EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

クラウド時代に求められる運用管理とIT部門の役割

  2010/10/05 07:00

SI市場において仮想化の勢いが衰えることはなく、導入企業は増加の一途を辿っている。しかし、大方の企業は限られた一部のシステムに仮想化を適用するに留まり、十分な導入効果を得るに至っていない。部分的な導入や試験運用を終えた企業にとって、今後は運用フェーズでいかに効果を引き出すかが課題となるだろう。今後本格的なクラウド時代を迎えるにあたって、仮想化の効果を最大化する運用のあり方とはどのようなものか、またIT 部門にはいかなる役割が求められるのかについて本稿で考察しよう。

IT 運用の現状

 まず、現状のIT 運用の全体像を振り返ってみよう。1990年までの情報システムは、ホスト・コンピューターでの集中処理環境が主であり、以降C/S を中心とする分散環境、Webによるオープン化へと進んできた。このような環境変化は多様化・複雑化するシステム環境への対応を促し、システム運用管理を省力化し、運用品質を確保するためのツールや技術の進化をもたらした。

 また、事業の遂行におけるIT 活用度が高まったことで、以前は特定のシステムのお守りをしていれば良かったが、現在ではPC のサポートからアプリケーション・ポートフォリオの管理に至る多様な業務を行わなければならない。そのため、ITILを参照するなどして、ユーザー視点からITサービスを定義して運用業務を標準化するITサービス管理の体制を備えることが不可欠である。こうした背景から、現状では情報システムの運用管理のアーキテクチャは、以下のようにまとめることができる(図1)。

図1:運用管理アーキテクチャ

 このアーキテクチャで特徴的なのは、SLM(サービスレベル管理)に並んで構成管理が全体のハブとして位置づけられている点だ。複雑化するシステム環境は、テスト/リリース、障害対応、保守計画など様々な局面で不具合を発生させる。IT 資産の棚卸し、構成情報の把握、変更の反映といった作業にかかる労力は格段に増してきており、ツールによる自動化が求められている。

 また、SLMも依然として重要な役割を果たしている。これには、システムの利用機会が増え、サービスレベルをユーザー視点でコントロールする必要性が増したのと同時に、調達先であるベンダーを管理する要求が強まったことによる。このようにIT 運用への要求が深化するなかで、運用管理ツールを導入することは効率性および経済性の観点から推奨されるアプローチである。

次ページへ続く

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

  • 金谷 敏尊(カナヤ トシタカ)

    株式会社アイ・ティ・アール 取締役/リサーチ統括ディレクター/プリンシパル・アナリスト、英国MBA(経営学修士)、IoTエキスパート(MCPC認定)、BATIC Accountant(国際会計検定)、ITIL Foundation(EXIN) 青山学院大学卒業。英国Anglia Ruskin University MBA。 デジタルビジネス戦略を主要な研究テーマとし、事業の創出と収益化、テクノロジの活用と成果に関わる提言を行う。テクノロジー導入の上流プロセスを得意とし、大手企業の戦略立案、方針化、稟議に関わる多数のプロジェクトを遂行すると同時に、技術プロバイダのビジネス開発、市場性分析、技術戦略に関わるアドバイスを提供する。1999年より現職。

バックナンバー

連載:IT Initiativeスペシャル

もっと読む

All contents copyright © 2007-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5