Shoeisha Technology Media

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

株式会社日立製作所/ JP1 クラウド時代におけるIT 投資の全体最適化を支援するJP1 V9.1

  2010/10/15 07:00

企業のIT 投資は、抑制傾向が続いている一方で、仮想化やクラウド・コンピューティングなどコスト削減、効率向上を目的とした投資は積極的に行われている。しかし、これらの技術が導入された運用管理業務は、さらに複雑化・大規模化の一途をたどっている。 JP1 V9.1は、複雑化・大規模化するシステム運用を柔軟かつ効果的にサポート。特に、仮想化における運用管理の効率化には欠かせない機能が提供されている。

仮想化によるコスト削減に欠かせない運用管理

 ようやく景気回復基調となってきた日本経済。しかしながら企業のIT投資は、引き続き抑制傾向にある。そのような厳しい状況だからこそ、企業はより一層のコスト削減、効率向上が実現するものへの厳選投資を行っている。仮想化技術の活用が急速に拡大しているのは、その傾向を顕著に表している。IT専門の調査会社であるIDC Japanによると、サーバー仮想化ソフト市場は、年平均22.2%と急成長しているという。

 コスト削減・効率向上を目的に導入を進められてきたサーバー仮想化。しかしながら導入が進むにつれ、コスト削減やハードウェアの効率向上という効果を最大限に発揮するためには、それに合った運用管理が重要になることが分かってきた。この課題を解決するために登場したのが、昨年夏リリースされた「JP1 Version 9(以下、JP1 V9)」である。

 JP1 V9は、仮想環境におけるITリソースの効率化および運用業務の効率化に注力した3年ぶりのメジャーバージョンアップ版である。同バージョンでは、リソースプール化によりITリソースの効率利用と運用管理部門における業務の効率化を実現した。そしてJP1 V9 登場から1 年。導入ユーザーの声から仮想環境におけるITリソースの効率化と運用業務の効率化をさらに一歩前進させたのが、今年6 月28日にリリースされた「JP1 V9.1」である。

 仮想環境におけるITリソースの効率化という観点での強化ポイントは、運用サイクル全般にわたってのITリソースの一元管理によるコスト最適化を図ったことである。また運用業務の効率化という観点での強化ポイントは、運用管理部門に加え、利用部門も含めた運用業務の最適化を図ったことである。

 先述したようにJP1 V9 ではプール化により、仮想環境におけるITリソースの効率化は実現された。しかし、導入したユーザーなどにヒアリングしたところ、リソースプール化した環境での運用において、解決を図らねばならない複数の課題が挙がってきたのである。「リソースプールの運用において複数のツールを使いこなすのが大変」「中長期で必要となるリソース保有量が分からない」「ITリソースの追加・変更に伴う作業負荷が高い」「システム構成変更時の運用負担が大きい」など、これらの課題を解決するために、JP1 V9.1 では様々な機能強化・拡張を図っている。

次ページへ続く

著者プロフィール

バックナンバー

連載:IT Initiativeスペシャル

もっと読む

All contents copyright © 2007-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5