EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

日本アイ・ビー・エム株式会社/ Tivoli 仮想化/クラウド時代のIBM サービス・マネジメント

  2010/10/01 07:00

IBMはITがビジネスに貢献するには、サービス・マネジメントがポイントになると強調してきた。それはクラウド時代に入っても同様であり、システムが見えなくなる仮想化により、その重要性はさらに増していくことは間違いない。そうした流れに沿い、IBMのTivoliも運用管理ツール群から、サービス・マネジメントのためのプラットフォームへと進化してきた。ここでは、IBMが考えるクラウド適用のステップと、それぞれのニーズに対応したTivoli の例をご紹介する。

コンピューティング環境の発展とともに進化してきたTivoli

 IBMは1996年、強力な運用管理ツールを自社ブランドに組み入れて提供するため、Tivoli Systems を買収した。クライアント・サーバーモデルの本格普及時代に入っていた当時、Tivoliは主にサーバーやネットワークなど、コンポーネント単位でIT リソースを管理するために導入されていた。

 その後、インターネットが急速に普及すると、e-Businessアプリケーションの管理が求められるようになる。さらにオンデマンド環境の時代に入ると、ITが自律的に自己管理を行うオートノミック・コンピューティングのソリューションが有効となっていった。

 IBMでは、それらのニーズに先駆け、Tivoliを進化させてきた。特に2003年のオートノミックは、現在大きなテーマとなっているシステム運用管理の自動化、オーケストレーションの先駆けといえる。さらにIBMは、ITがビジネスの成功に貢献するためには、旧来的なシステム運用管理だけでは不足で、ITをユーザーにサービスとして届けることが必要であると考えていた。そこで求められるのがITサービス・マネジメントであり、Tivoliもそのためのプラットフォームとして整備してきた。

 その方向性はクラウド・コンピューティングの時代に入っても同様で、求められるITサービス・マネジメント自体に基本的な変化はない。見ていかなくてはならないのは、どのようなレベルでエンドユーザーにITサービスを提供するかである。

 さらにIBMは2009 年、Smarter Planet というコーポレートビジョンを提唱した。これは環境、エネルギー、食の安全など、地球規模の課題をITの活用により解決し、地球をより賢く、よりスマートにしていくというものだ。一番の目的は、地球上にある無駄や非効率、リスクをいかにしてテクノロジーで排除し、より豊かな世界を実現することにある。

 IBMがSmarter Planet 構想を打ち出した背景には、インターネットの普及などにより、水資源やエネルギーなどの監視センサーにIPアドレスが振られるようになってきたことがある。そこではデータセンターの中で確立してきたサービス・マネジメントのノウハウやソリューションを役立てることが可能であり、その提供が我々Tivoli事業部のIBMの中での役割ということになる。(次ページへ続く

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。


著者プロフィール

バックナンバー

連載:IT Initiativeスペシャル

もっと読む

All contents copyright © 2007-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5