EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

第3回(最終回) IBM WebSphere Application Serverならいち早くJava EE 6の最新機能を活用できる

  2010/11/29 00:00

2009年12月に仕様が承認されたJava EE 6。Java EE 5で目指したEase of Developmentをさらに加速し、企業アプリケーションでのJavaによる開発を強力にサポートする環境となった。SpringやSeasar2など、先行するオープンソースフレームワークで評価の高い機能も積極的に取り入れ、開発者にとってはJava EE 6への移行により得られるメリットはかなり大きいものがある。そして、このJava EE 6の仕様をいち早く取り入れ、提供しているのがIBM WebSphere Application Serverだ。

Java EE 6なら簡単に開発ができ移行するメリットは大

 Java Platform, Enterprise Edition、通称Java EEは、企業向けのJava機能セットだ。この最新バージョンである6の仕様が承認されたのが、2009年12月のこと。じつに3年ぶりのバージョンアップとなった。

 以前のバージョンであるJava 2 Enterprise Edition(J2EE)は、仕様が複雑すぎてアプリケーション開発者の負担が大きすぎるとの批判されていた。それをよりシンプルにし「開発を簡単にすること(Ease of Development)」を目的に改良が行われたのが、1つ前のバージョンとなるJava EE 5だ。そして、Java EE 6では、このEase of Developmentをより深め、さらなる軽量化、拡張性、機能強化を行うことで、企業が利用するアプリケーションの開発を強力にサポートする(図1)。

図1:Java EE 6仕様の全体像

 Java EEは、順調に仕様を拡張してきたとはいえ、それが「開発者にとってJ2EE 1.4からJava EE 5への移行は、あまりその気にさせるものではなかった」と言うのは、日本アイ・ビー・エム ソフトウェア事業 WebSphere 第一クライアントテクニカルプロフェッショナルズの田中孝清氏だ。Java EE 5では、様々な仕様変更が行われたが、基本的に実現できることはJ2EEの時代とさほど大きく変わらなかった。

 つまり、いままでJ2EEでできたことが「より簡単に書けるようになった」のがJava EE 5だったのだ。そのため、新規のアプリケーションをJava EE 5で実装することは、大きなメリットがあるものの、既存のアプリケーションをJava EE 5で再実装しようというモチベーションは決しては高くなかった。これに対しJava EE 6は、「新たなことができるようになった」と田中氏は指摘する。いままで標準仕様では、できなかったことが数多く実現できるようになったので、既存のアプリケーションの開発者にとってもJava EE 6に移行するメリットは大きいと言う。(次ページへ続く

 

WebSphere Application Server 関連情報

著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリストとして、クラウド、データベース、ビッグデータ活用などをキーワードに、エンタープライズIT関連の取材、執筆を行っている。

バックナンバー

連載:WebSphere Application Server
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5