SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本IBM、アフターコロナのニューノーマルを見据え「IBM Garage」をリモート環境でも提供

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は、「IBM Garage」をリモート環境でも利用できるよう拡充し、5月12日より提供を開始した。新型コロナウイルス感染症の影響によって企業がニューノーマルにおける経営を検討する中、ワークショップの実施からプロトタイプの作成や検証、ソリューション開発をリモートで行えるようになる。

 「IBM Garage」は、デジタル変革を実現するために必要なコンセプト、方法、ツールなどをIBM独自のメソドロジーとして整備し、技術、ノウハウ、人材、検証スペース、ソフトウェア、ハードウェアを包括的に提供している。

 今回行われた拡充では、クラウド型のホワイトボード・ツール、ミーティング・ツール、チャット・ツールなどを活用する。同時に、作業におけるルーティーンの明確化やタスクの可視化によってリモート環境でも効果的かつ効率的に取り組めるようにした。

 ワークショップでは、これまで提供してきたエンタープライズ・デザイン・シンキングのスキルや知見を活かしつつ、豊富な経験を持つファシリティターが全体の流れをリード。リモート環境でも、アイデアを創出できるよう支援する。

 プロトタイプの作成や検証、ソリューション開発では、リモート調査手法やリモート向けのペアプログラミングツールを活用し、スムースに作業を進められる。

 また、リモート環境での実施が可能になったことで、海外や遠隔地の人材でも参加しやすくなり、多様性が増すとともに効率的な時間活用や移動コストの削減も期待できる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/12942 2020/05/12 16:28

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング