SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

日本IBM、デジタルレイバーの運用を遠隔監視するサービスを提供開始 メンテナンスや運用を支援

 日本アイ・ビー・エムは、日本の顧客に向けて「オートメーション・オペレーション・コマンド・センター(以下、AOCC)」の提供を新たに開始した。AOCCは、デジタルレイバー(仮想知的労働者)の遠隔監視、運用、メンテナンスを実行・支援するサービスだという。

 手作業で行っていた定型的な作業をデジタルレイバー(RPAに代表される自動化ツールやAIを利用して作成されたソフトウエア・ロボット)に代替させて自動化する取り組みが、企業全体に広まっている。業務の効率化が進む一方、デジタルレイバーの運用負荷が増えている状況が広まり、一括して遠隔監視や品質管理を代行するサービスへの期待が高まっているとしている。

提供される内容

  • デジタルレイバーの有効化(品質チェックとスケジュール調整)
  • プロアクティブ稼働監視(操作対象アプリや依存するインフラを含む)
  • 統合インシデント管理(チケット起票、通知、エスカレーション設定)
  • AI診断と自動復旧
  • 問題判別用ログ検索とクイックFix
  • 運用メトリクス管理と洞察に基づく改善提案

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13371 2020/09/01 13:09

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング