SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

TwoFive、「DMARC」認証結果レポート作成サービスを無償提供 なりすましメール対策に活用

 TwoFiveは、なりすましメール対策の送信ドメイン認証、DMARC(ディーマーク)の認証結果レポート作成サービス「DMARC/25 Reporter」を、11月10日より無償提供開始した。

 DMARCは、認証だけでなく、受信メールサーバー側からのDMARC認証結果レポート(以下、DMARレポート)が重要だが、送信メールサーバー側の DMARC 対応に比べて、受信メールサーバー側はDMARC対応が進んでいないのが現状だという。また、送信・受信の双方の対応が揃わないとその効果は最大化されないとしている。

「DMARC/25 Reporter」の概要と特⻑
  • 利用者は、「DMARC/25 Reporter」用ソフトウェアを受信メールサーバーにインストールできる
  • TwoFiveが管理するクラウド環境「DMARC/25 Reporter」に認証結果データが定期的に転送されるため、自社で認証結果データ蓄積用のデータベースを用意する必要はない
  • 「DMARC/25 Reporter」から、送信元のドメイン管理者宛てに、DMARCレポートとして一定の間隔で送信される
  • 利用者は、「DMARC/25 Reporter」に蓄積された認証結果データ、レポート送信状況などをWeb UIで確認することができる
「DMARC/25 Reporter」の仕組み
「DMARC/25 Reporter」の仕組み

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13593 2020/11/10 17:38

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング