SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

EIPA、電子インボイスの日本標準仕様を策定へ

 SAPジャパンが幹事法人をつとめる電子インボイス推進協議会は、日本国内における電子インボイスの標準仕様を国際規格「Peppol(ペポル)」に準拠して策定することを公表した。

 電子インボイス推進協議会(以下、EIPA)は、2020年7月に発足しており、65社の正会員と特別会員3団体、7名(2020年11月末時点)に加え、行政機関のオブザーバーを交えて、電子インボイスの標準仕様について協議を重ねてきた。

 2023年10月の適格請求書等保存方式(インボイス制度)開始に向けて、中小・小規模事業者から大企業に至るまで幅広く、容易に、かつ低コストで利用でき、加えてグローバルな取引にも対応できる仕組みとするために、準拠する標準規格としてPeppolを選定した上で、日本の法令や商慣習などに対応した「日本標準仕様」を策定することを決定した。

 EIPAは電子インボイスの日本標準仕様策定に向けて、政府からの全面的な協力を要請しているという。要請内容には、Peppolの運営管理組織である「Open Peppol」との交渉などについて政府が積極的な役割を担うことやPeppolの枠組みで日本標準仕様に関わる適切な管理・運用体制を政府が構築すること、電子インボイスの普及・活用に向けて事業者が利用しやすい仕組みを設けることなどが含まれる。

 また、12月14日、平井卓也デジタル改革担当大臣へEIPA代表幹事の岡本浩一郎氏、SAPジャパンの内田士郎氏らが訪問し、電子インボイス標準仕様の検討・要請内容を提言し、意見交換を行ったとしている。

 EIPAは、2022年秋に事業者が電子インボイスに対応したソフトウェアを使用できる状態になることを目指しているという。今後はPeppolが定める標準規格について詳細な調査、分析を進めるとともに、日本標準仕様として必要な追加要件を整理し、2021年6月末を目途に電子インボイスの国内標準仕様(初版)の策定と公開を目指すとしている。

【関連記事】
電子インボイス制度で請求書電子化は必須? ロボットペイメントに訊く
NTT、SAPとの戦略的提携を拡大 全方位的なパートナーシップ構築へ
データマートレスだからこそ解決できるデータ活用の課題 SAPが描くデータ活用基盤の新しいデザイン
デジタル化をリードしているIT部門は約2割 ガートナーが調査結果を発表
成功との認識はわずか約7%【日本企業のDX取り組み実態調査】

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/13720 2020/12/14 19:54

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング