SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

NTT Com、鹿島建設のデータドリブン経営を「SDPF」で実現へ

 NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)が提供する「Smart Data Platform」(以下、SDPF)が、鹿島建設(以下、鹿島)のデータマネジメント基盤として採用され、9月より全社での本格運用が開始されたことを発表した。

 SDPFの導入により、複数のクラウドサービス上に分散していたデータを一元的に連携・統合可能となり、組織横断的なデータ利活用が可能になったとしている。具体的には「FIC」により、鹿島が利用する複数のパブリッククラウドサービスをセキュアかつ柔軟に接続できるマルチクラウド接続基盤を提供。社内外に点在する経営データ、IoTデータ、オープンデータ、BIMデータなどを「インフォマティカ」によりデータ連携・統合させることで、SDPF上で組織横断的なデータの利活用を可能にしたという。

鹿島における「SDPF」の導入イメージ
鹿島における「SDPF」の導入イメージ
[画像クリックで拡大]

 今後NTT Comは、鹿島が取り組む「次世代の建設生産システム(鹿島スマート生産、自動化建設生産システム)」のさらなる進化に向けて、SDPFをはじめとした各種サービス・ソリューションの提供を通じて貢献。建設業界のみならず、さまざまな業界でDXやデータドリブン経営の実現に取り組んでいくとしている。

【関連記事】
NTT Comとサイバーエージェント、小売流通企業のDX推進に向け提携
大和ハウス工業とNTT Com、IoTを活用して物流施設のDXを推進
NTTデータ、EMEAL地域統括会社「NTT DATA EMEAL」を新たに設立へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/14893 2021/09/02 11:40

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング