EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

NTT Com、鹿島建設のデータドリブン経営を「SDPF」で実現へ

  2021/09/02 11:40

 NTTコミュニケーションズ(以下、NTT Com)が提供する「Smart Data Platform」(以下、SDPF)が、鹿島建設(以下、鹿島)のデータマネジメント基盤として採用され、9月より全社での本格運用が開始されたことを発表した。

 SDPFの導入により、複数のクラウドサービス上に分散していたデータを一元的に連携・統合可能となり、組織横断的なデータ利活用が可能になったとしている。具体的には「FIC」により、鹿島が利用する複数のパブリッククラウドサービスをセキュアかつ柔軟に接続できるマルチクラウド接続基盤を提供。社内外に点在する経営データ、IoTデータ、オープンデータ、BIMデータなどを「インフォマティカ」によりデータ連携・統合させることで、SDPF上で組織横断的なデータの利活用を可能にしたという。

鹿島における「SDPF」の導入イメージ
鹿島における「SDPF」の導入イメージ
[画像クリックで拡大]

 今後NTT Comは、鹿島が取り組む「次世代の建設生産システム(鹿島スマート生産、自動化建設生産システム)」のさらなる進化に向けて、SDPFをはじめとした各種サービス・ソリューションの提供を通じて貢献。建設業界のみならず、さまざまな業界でDXやデータドリブン経営の実現に取り組んでいくとしている。

【関連記事】
NTT Comとサイバーエージェント、小売流通企業のDX推進に向け提携
大和ハウス工業とNTT Com、IoTを活用して物流施設のDXを推進
NTTデータ、EMEAL地域統括会社「NTT DATA EMEAL」を新たに設立へ

関連リンク

著者プロフィール

  • EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

    「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。


All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5