SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

横河電機とドコモ、AIと5G技術をプラント遠隔操作を行う際の有効性確認に成功と発表

 横河電機とドコモは5月30日、プラントを模したシステムのリモート制御を行う実証実験において、遠隔操作における5G実用に向けた有効性確認に成功したと発表した。

 これは横河電機と奈良先端科学技術大学院大学(以下、NAIST)が共同開発した自律制御AI(Factorial Kernel Dynamic Policy Programming)をクラウド上に置き、ドコモの5Gを介して行ったもの。

 資源、素材、産業材料などの精製・精錬を行うプロセス産業のプラントは、長年稼働することで、各装置が経年変化を起こすことから、これらが自律的な調整能力や制御能力を持つことで大きなメリットが期待されている。

 本実証実験では、クラウドに自律制御AIを搭載し、制御を検証するための装置である「三段水槽」を、5Gを介して制御できるかを検証。

 これは目標水位を決めて、低速から高速の制御周期(どのくらいの頻度で制御を実行するか)での実験を行い、通信遅延がFKDPPによる制御に与える影響を調査したものだ。

 結果は、特に高速の制御において5Gは4Gと比較して以下の点で、制御や品質の向上につながることが確認されたという。

  • 通信遅延の小ささ
  • 目標水位に対しオーバーシュートが小さい
  • 0.2秒程度までの制御周期に対応しうる

 横河電機は、今後も、5Gのプラント制御への適用をはじめ、産業における自律化をリードしていくとしている。

【関連記事】
マクニカ、横河電機の予測型AIプロジェクトを支援 高精度の予測実現でDX化を推進
AIで化学プラント制御に成功 横河電機とJSRが共同実証
横河電機とNTTドコモ、5Gを活用したプラントの自立制御の実現を目指す

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/16065 2022/05/30 17:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング