SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

Datadog、生成AIベースのアシスタント「Bits」発表 アプリケーションの問題解決を支援

 Datadogは、顧客の観測可能性データから学習し、エンジニアがアプリケーションの問題を解決できるよう支援する生成AIベースのアシスタント「Bits」を発表した。同製品は、Datadogが現在提供しているAI機能に追加されるという。

 Bits AIは、顧客の観測可能性データ、コラボレーションプラットフォーム、コンテンツ管理システム、その他ソースから学習することで、質問に対する回答や推奨事項を提供。従来エンジニアが組み立てていた修復ステップを会話形式で自動構築することにより、チームの効率化を支援するという。Bits AIが提供するサポートは以下のとおり。

  • Datadogプラットフォーム全体から、ログ、メトリクス、トレース、実際のユーザートランザクション、セキュリティシグナル、クラウド経費などのデータを抽出して関連付けることで自然言語による質問に回答
  • コードレベルの問題に対して、エラーの解説を提供するとともにデバッグして修正する。適切なチームへページングすることでインシデントをエンドツーエンドで管理し、重大度レベルの判定やインシデントに関するステータスを更新。コンテキストはWebからSlackに引き継がれる
  • コード修正案を提案し、修正コードのユニットテストを自動的に構築
Bits AIのイメージ
Bits AIのイメージ

 なお、Bits AIは、現在ベータ版を利用できるとしている。

【関連記事】
Datadog、東京にデータセンターを開設へ アジアでは初めて
Datadog、クラウド基盤構成図をリアルタイムで作図する「Cloudcraft」を買収
Datadog、APIのオブザーバビリティ、ガバナンス、自動化の強化のため「Seekret」を買収

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/18216 2023/08/07 15:30

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング