SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

ウルシステムズ、ビッグデータのリアルタイム分析プロフェッショナルサービスを提供開始

CEP、ストリーム・コンピューティング製品を活用

発表では、従来はデータを蓄積してバッチ処理により分析するのが一般的だったが、それでは現実世界の変化に対して遅れをとるとして、RFIDのようなセンサーやネットワーク機器の情報管理、インターネットの不正取引検出、金融のアルゴリズム取引や位置情報を利用したサービスなど、すばやくリアルタイムにデータを処理して次のアクションに結び付ける必要があるとしている。

このための大規模分散処理技術として台頭してきているのが、CEPとストリーム・コンピューティング技術だという。CEPとストリーム・コンピューティングは、大量かつ多種多様なデータをリアルタイムで複合的に分析・活用する技術で、各社から特徴的な製品が発売されているという。

リアルタイムにデータを処理してビジネスに活かしたいという複数顧客からの要望を応えるかたちで、ウルシステムズは、CEP/ストリーム・コンピューティング導入に関するプロフェッショナルサービスを立ち上げることになったという。

大手各社が提供する製品の選定支援、アーキテクチャ設計、システム開発、技術コンサルティングなどのサービスを提供し、不正取引検出やセンサー情報分析などを企業がスムーズに開始・分析できるよう支援するとしている。

ウルシステムズは、すでに数百万台の機器のネットワーク監視システムや、ソーシャルネットワークからのビッグデータのリアルタイム分析システムなど、業界に先駆けてCEP、ストリーム・コンピューティング製品を利用した大規模開発の実績があるという。本サービスを適用した新たな案件が今年度中にも稼働予定だとしている。

■ニュースリリース
http://www.ulsystems.co.jp/press-release-20120719.html

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジンヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/4111 2012/07/19 14:18

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング