SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

キヤノン電子とマクニカネットワークス、米Splunkと連携するセキュリティソリューションを公開

 「Security App for SML」は、SMLの強力な「操作ログ記録機能」とSplunkの「ログ分析基盤」を連携させた、情報漏えいリスクを大幅に低減させるセキュリティソリューション。

 SMLは、コンピュータ端末で人が行ったファイル操作、デバイス操作、通信操作などはもちろん、コンピュータの内部プログラムが自動的に行うような動作もカーネルレベルで監視することにより、詳細な操作ログを記録することができる。これにより、「マルウェアの侵入経路・感染状況」の分析も実現可能だという。

 また、人によるマウス・キーボード操作も記録しており、人間の操作か機械の操作かを明確に切りわけることも可能で、詳細ログをSplunkの強力なインデックスエンジンで高速に取り込み、テンプレート化されたダッシュボードを監視することで、だれでも簡単に、セキュリティリスクの早期発見、未然防止、および迅速な事後対応に活用できるとしている。

 SMLの既存ユーザはSplunkを導入することで、このAppsを無償で利用できる。また、Splunkのユーザも、SMLを導入することでSplunkの活用範囲をより拡張することができるという。

 マクニカネットワークスは、Splunk社の1次代理店であり、今回、キヤノン電子との協業において、Splunkの販売で培った豊富な営業ノウハウや技術サポート力で「Security App for SML」をはじめとするキヤノン電子製品ならびにキヤノン電子への販売支援を行うという。

 「Security App for SML」の提供するダッシュボードメニューは次のとおり。

  •  デバイスへの持出し、デバイスからの持込み
  •  メールでの添付ファイル社外送信
  •  印刷状況
  •  ウェブアプリケーションからの持出し…ほか

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/6406 2014/12/09 14:15

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング