SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZineニュース

2015年第3四半期の国内サーバー市場規模は前年同期並みの1,159億円――IDCが発表

ベンダー別出荷額では富士通が首位で、NEC、HPが続く

 今期は、前年同期に比べてx86サーバーの出荷額は増加したが、市場全体の出荷額はわずかに減少した。市場全体の出荷額が減少した要因には、前年同期にあったスーパーコンピューターの大型案件に対する反動に加え、メインフレームの出荷額の大幅な減少があった。

 メインフレームの出荷額の大幅な減少は、上位機種の出荷台数の減少によるものだった。メインフレームの上位機種の出荷台数が減少した背景には、新製品発表に伴う大型の更新案件が一巡したためであるとみている。

 ベンダー別出荷額では、富士通が首位。前年同期比でx86サーバーが2桁のプラス成長であったことに加え、メインフレームも大幅なプラス成長となった。HPC専用機の大型案件も出荷額をけん引した。

 2位はNEC。x86サーバーではプラス成長を確保したが、前年同期におけるスーパーコンピューターの大型案件の反動によりマイナス成長となった。3位はHPで、x86サーバーが2桁のプラス成長だったが、その他のサーバーでは2桁のマイナス成長だった。

 4位は日立製作所。x86サーバーは前年 同期並み。メインフレームは大幅なマイナス成長であったが、その他のサーバーではプラス成長を確保した。5位はIBM。メインフレームはマイナス成長だったが、その他のサーバーでは2桁のプラス成長となった。6位のデルは、2桁のプラス成長となった。

出荷台数の減少は、1ソケットのタワー型x86サーバーの大幅減が影響

 x86サーバー市場は、出荷額が911億円となり、前年同期比で7.6%増加した。出荷額の増加要因には、平均単価の上昇があった。平均単価は、前年同期に比べて円安による部材コストの上昇を販売価格へ転嫁したことや、仮想化の導入によるオプションの増加によって上昇した。

 一方で、出荷台数は14万2,000台となり、前年同期比で3.3%減少した。出荷台数の減少要因には、平均単価が20万円以下の1ソケットのタワー型サーバーで出荷台数が大幅に減少したことがあげられる。

 IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ マーケットアナリストの加藤慎也氏は、「今期のx86サーバー市場では、平均単価の低い製品で出荷が大幅に減少した。これは、サーバーベンダーが出荷台数を増やすために超低価格で出荷していた製品の供給を絞り込むことで、収益性の改善を狙ったためであるとみている。サーバーベンダーは、直近のシェアだけに固執せず、自社製品を採算が合う製品に絞り込むことによって、収益を確保していくことが求められる」と述べている。

参考資料:2015年第3四半期 国内サーバー市場ベンダーシェア・出荷額(作成:IDC Japan)  

 今回の発表について詳細は、IDCが発行した「国内サーバー市場 2015年~2019年の予測:2015年第3四半期」にまとめられている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/news/detail/7574 2015/12/25 14:12

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング