SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

ResorTech OKINAWA

【オードリー・タン☓玉城沖縄県知事】市民のDX、成功の条件は「信頼」


徹底的な透明性

オードリー・タン氏

「市民を信頼すればするほど、市民もそれに答えようとします。市民への信頼は戻ってくるのです。もしトップダウンの強制力、たとえば都市のロックダウンや仕事をやめさせることだけなら、人々はますます信頼を失っていきます。徹底的な透明性が必要です」

 透明性は、外部からの意見や批判に対しても同じだ。サービスのリリース後は否定的な意見も寄せられたが、すぐに改善に結びつけた。

「台湾にはたくさんの原住民の土着の言葉を話す人々がいます。中国語や日本語を母国語としない人々や、視覚や聴覚に困難を持つ人たちのために、LINEの音声アシスタントによって140以上のアプリケーションをシビックエンジニアたちは作り上げました」

 パンデミックのような危機的な状況の中で、デジタルツールは重要な役割を果たす。タン氏は、日本から生まれたメッセージングアプリであるLINEを評価する。LINEは、東日本大震災をきっかけに「大切な人との連絡できることの必要性」から2011年の6月に生まれたサービスだ。

「2011年の日本の東日本大震災のことを覚えています。大変な危機的状況の中で、台湾でも私の友人の多くは日本に支援を送っていました。インスタントメッセージがその状況の中で非常に役に立ったのです。その後、LINEが生まれ、台湾でも最も有名なコミュニケーションツールとなりました。今回のコロナのパンデミックの中で、人々が隔離された状況でも、LINEのグループでのコミュニケーションが精神的な健康をもたらしてくれていました。診療士や心理カウンセラーたちとのつながりで孤独感や精神的な危機を乗り越えられた人も多かったのです」

「イノベーションはいつもどおりの生活やビジネスを破壊的に変化させると同時に、ニューノーマルを生み出しました。今おこなっているようなWeb会議やチャットボット、医療や介護関係者がより安全な方法で働けるようになるためのテクノロジーが求められています。いずれワクチンが開発され、今のようなCovid-19のハイプが終わった後も、ニューノーマルのためのイノベーションが生まれるでしょう」

次のページ
先駆的なデジタルの実験と可能性

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ResorTech OKINAWA連載記事一覧
この記事の著者

京部康男 (編集部)(キョウベヤスオ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/13634 2020/12/01 00:31

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング