SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

SAS FORUM JAPAN 2020レポート(PR)

分析もクラウドの時代、「SAS Cloud」でDXを加速

SAS Cloudの2つの選択肢、3つのサービスメニュー

 まさにDX、ニューノーマル時代に対応できるSAS Cloud、SASは「Hosted Managed Services (ホステッドマネージドサービス)」と「Remote Managed Services(リモートマネージドサービス)」の2つの選択肢を用意している。

Hosted Managed Services

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 Hosted Managed Servicesはインフラ環境、インフラ環境の保守・運用を含めてSASが一括で行うサービスだ。SAS以外で既に使用している他のクラウド環境、オンプレミスにあるデータウェアハウス環境などとの連携もできる。

 「SAS管理のリソースやスキルがない、IT部門の負荷を軽減したい、実証済みのシステムが欲しいといったお客様に最適です」と檜皮氏。ハードウェアの専門家、ソフトウェアの専門家など、各分野のエキスパートで構成された専門チームが対応し、99%の稼働率保証がつくサービスだ。

Remote Managed Services

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 Remote Managed Servicesは、顧客がインフラ環境を準備するという点が大きく異なる。既に契約済みのクラウド環境や投資した既存のデータセンターを使い続けたいが、SASアプリケーションの管理はSASに一括で任せたいなどのニーズを満たすものとなる。クラウドの準備ができていないがすぐに現状の課題を解決したいといったケースでも、有効な選択肢だという。

 SASのアップデートや保守・管理はSASの専門家が行い、SAS稼動についても24時間365日体制でモニタリングする。SASの稼動に異常が発生しそうな予兆があれば事前にアラートするなど、事業運営への悪影響を最小限に抑制する。インフラは顧客側の準備となるが、「お客様が契約しているIaaSプロバイダーや社内のIT部門と連携して対応する」という。

 Hosted Managed ServicesとRemote Managed Servicesは「Managed Application Services」に分類されるが、SAS Cloudソリューションにはこの他にも「Software as a Service」と「Consulting Service」があり、合計3種類のラインナップとなる。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 Software as a Serviceは、日本でも実績のあるSASのデジタルマーケティングソリューション「CI 360」、SASやPython、Rなどを用いて予測モデルを作成する環境をサービスとして提供する「SAS Machine Learning」がある。

 Consulting Servicesは名称の通りコンサルティングサービスだ。ここでは、顧客のビジネスに関連するデータをSASが預かり、SASの分析者やデータサイエンティストが分析を行ない、得られた結果をアウトプットとして提供する「SAS Results」と「Advisory Services」を用意する。SAS ResultsはResults as a Service(リザルト・アズ・ア・サービス;RaaS)とも言われているという。

 SASのアナリティクスを使いたい場合、Managed Application Services(Hosted)、Managed Application Services(Remote)、Software as a Service、SAS Resultsから選択することになるが、それぞれニーズや目的により最適なソリューションを選ぶことになる。

 たとえば、「ハードウェア、ソフトウェアは不要で分析結果だけが欲しい」となるとSAS Results、「データをオンプレミスや自社が管理するクラウド上に保管したい」場合はManaged Application Services(Remote)が最適、と檜皮氏は説明した。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

次のページ
オンプレミス環境からSAS Cloudへ、2ステップで移行

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
SAS FORUM JAPAN 2020レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

末岡 洋子(スエオカ ヨウコ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/13711 2021/01/08 11:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング