EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

分析もクラウドの時代、「SAS Cloud」でDXを加速

edited by DB Online   2021/01/08 11:00

オンプレミス環境からSAS Cloudへ、2ステップで移行

 最後に檜皮氏は既存のSAS環境からSAS Cloudに移行するにあたって、想定される流れについても触れた。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 オンプレミス環境で利用している場合、複数の契約窓口があり、それぞれSLAも異なる。この状態からステップ1として、既存環境の中身を変えることなく、SAS Cloudに移行、エンドユーザーは同じインターフェイスなので「比較的抵抗が少ない」一方で、複数の契約が単一となりSLAも1つとなる。

 そして、ステップ2としてクラウドネイティブなアーキテクチャに移行する。これにより、クラウドのメリットを享受できる分析環境へと最適化し、クラウドネイティブなアーキテクチャを持つSASのAIプラットフォーム「SAS Viya」を適用することで、AIの活用まで広げることができる。

 このようなSAS Cloudへの移行を支援するべく、SASは「イニシャルアセスメント」として既存のSAS環境の把握、概算費用の見積もりを行う約2週間のプログラムを用意している。

 クラウドへの移行を検討中の顧客に朗報となるのが、SASが2020年6月に締結したMicrosoftと戦略的提携だ。これにより、MicrosoftのIaaS「Microsoft Azure」など、「2社の技術を利用した、最高のアナリティクス環境の提供が可能になりました」と檜皮氏。

画像クリックで拡大
画像クリックで拡大

 既にSAS環境をAzure上でSAS向けに最適化された環境に移行することで、SASの処理時間を50%短縮した企業、ハードウェア、設備などの総所有コスト(TCO)を83%削減した企業などの事例も出てきているという。



著者プロフィール

  • 末岡 洋子(スエオカ ヨウコ)

    フリーランスライター。二児の母。欧州のICT事情に明るく、モバイルのほかオープンソースやデジタル規制動向などもウォッチしている。

バックナンバー

連載:SAS FORUM JAPAN 2020レポート
All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5