SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

BOOKS

自分一人ではできないことを自覚する はやぶさ2のプロジェクトリーダーが目指した、失敗できる組織

 初代「はやぶさ」に続き、地球から遠く離れた小惑星「リュウグウ」に着陸し、サンプルを持ち帰ったことで話題となった「はやぶさ2」。しかし、そのプロジェクトリーダーとして任命されたのは、マネジメント経験のない一人の技術者でした。率いる部下の総数は600名。失敗は許されないプロジェクトにもかかわらず、人材や予算不足、計画が進むにつれて突如現れるアクシデントの数々。そんな逆境の中、筆者はプロジェクトを成功に導いただけでなく、世界初の偉業を数多く達成します。「はやぶさ2」プロジェクトを成功に導いた要因とは何か。津田雄一著『はやぶさ2のプロジェクトマネージャーはなぜ「無駄」を大切にしたのか?』から、その理由の一端について触れてみましょう。

一人の技術者が、突然600人を率いるリーダーへ

 「はやぶさ2」のプロジェクトマネージャーとなったのが、本書の主人公である津田雄一さん。当時39歳だった津田さんは、2015年に史上最年少で「はやぶさ2プロジェクト」のプロジェクトマネージャーに任命されました。

 それまでプロジェクトエンジニアを担当していた津田さんは、プロジェクトマネージャー経験はもちろん、マネジメントの知識を専門的に学んだ経験は一切なかったと語ります。

 プロジェクトマネージャーは、様々なミッションに対して最終的な決断を下す統括責任者であり、スポーツに例えると監督という立場。プロジェクトエンジニアはコーチのようなもので、立場も権限も大きく異なると言います。さらに、「はやぶさ2プロジェクト」メンバーには工学系や理学系の研究者や協力者のほか、海外メンバーも含め総勢600名。

 津田さんがプロジェクトマネージャーに任命されたのは、「はやぶさ2」が2014年12月に打ち上げられ、宇宙空間で様々な確認を受けた後、いよいよ小惑星「リュウグウ」へ向かうというタイミングでした。探査機の開発と打ち上げが無事に完了し、「さあ、これからだ」というタイミングで任命されたことに、動揺した津田さん。当初は覚悟や自信もなく、白紙同然のスタートだったものの、プロジェクトを通して津田さんは「無駄」を大切にした組織作りを目指していきます。

 津田さんが最初に着手したのは「人集め」。すべてのメンバーが、自発的に問題の解決策を探れるようなチームをゼロから作ることを目指したと言います。

 初代「はやぶさ」が数多のトラブルを克服し、世界初となるサンプルリターンに成功したことは、世間で大きな評判になりました。津田さんによれば、当時のプロジェクトマネージャーを務めた川口淳一郎さんによる、具体的かつ的確なリーダーシップ、トップダウン型のチームマネジメントによってもたらされた成果だと語ります。しかし、当時の通信記録や現場での体験を通して津田さんが感じたのは、この方法では「はやぶさ2」のオペレーションが持たないのではないか、という点です。

次のページ
失敗できないからこそ、失敗できる組織づくり

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
BOOKS連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

西隅 秀人(編集部)(ニシズミ ヒデト)

EnterpriseZine編集部

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16044 2022/05/27 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング