SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

クラウド時代に求められる「オブザーバビリティ」とは

メトリクス、ログ、トレース……オブザーバビリティにおけるデータ収集の仕組みとは? 要素技術を紐解く

徹底理解「オブザーバビリティ」その② オブザーバビリティを実現するための要素技術

 本連載「クラウド時代に求められる『オブザーバビリティ』とは」は、エンタープライズITの領域で注目と関心を集めている「オブザーバビリティ」の全容を明らかにするためのものです。前回は、オブザーバビリティとはそもそも何であり、なぜ必要とされているかを解説しました。2回目となる本稿では、オブザーバビリティを実現するための要素技術について概説します。

オブザーバビリティの要件

 エンタープライズITにおける「オブザーバビリティ(Observability:可観測性)」とは、エンタープライズシステムを構成するIT機器やアプリケーション、サービスなどが観測可能な状態にあることを指す言葉です。オブザーバビリティをエンタープライズシステムに持たせるために不可欠な要素として「メトリクス(Metrics)」「ログ(Logs)」「トレース(Trace)」の3つが位置づけられています。

 前回も解説したとおり、上記3要素のうちメトリクスとは、システムを構成するリソースの状況(CPU使用率、メモリ使用率、ディスク使用率など)やサービスの状況(レスポンスの遅延、トランザクション量、エラー発生率など)を表す数値データ(数値指標)を意味しています。また、ログは、システムで起きたイベントの履歴情報のことです。さらに、トレースとは、複数のサービスコンポネントにまたがるリクエストの処理フローを可視化し、アプリケーションパフォーマンス管理(APM)を実現することを指しています。

 オブザーバビリティは、障害発生時にトレースとログから原因を調査。効率的にデバッグを行うための要素として使い、メトリクスをシステムの信頼性やサービスレベルを保つための情報ソースとして使用されています。

オブザーバビリティにおけるデータ収集の仕組み

 オブザーバビリティにおける重要な要素技術の一つは、上述したメトリクス、ログ、トレース情報(これらを総称して「テレメトリデータ」と呼ぶ)を観測対象から収集する仕組みとなります。そこでまずは、メトリクスとログを収集する仕組みについて説明したいと思います。

メトリクス収集の仕組み

 メトリクスを収集する仕組みには、「プル型」と「プッシュ型」の2タイプがあります。プル型の代表格は「Prometheus」と呼ばれるオープンソースソフトウェア(OSS)の監視ツールで、Prometheusのサーバーが観測対象からメトリクスを収集(プル)して、バックエンドのサーバー(ストレージ)に格納する仕組みになっています。

 一方のプッシュ型は、観測(監視)対象にエージェントをインストールしておき、そのエージェントがメトリクスを収集してバックエンドのサーバーに送出(プッシュ)するというものです。ただし近年では、エンタープライズシステムの構成要素としてパブリッククラウドサービスが含まれることが一般的になっており、パブリッククラウドサービスの環境には利用者側のエージェントをインストールすることができないケースがあります。そのようなケースでは、エージェントのサーバーを用意し、そのエージェントがAPIを経由してパブリッククラウドサービスの環境からメトリクスを収集してバックエンドのサーバーにプッシュするという方式がとられています。

ログ収集の仕組み

 ログの場合も、監視対象にエージェントをインストールして収集するという方式が一般的でしたが、メトリクスと同様にパブリッククラウドサービスには適用できないケースがあります。そのようなケースでは、メトリクスの場合と同様に、サーバー上のエージェントが、パブリッククラウドサービスの“ログサービス”からログを収集する(プルする)方式がとられるようになってきました。

 また、最近では「エージェントレス(=エージェントを使わない)」方式でパブリッククラウドサービスのログを収集する仕組みも使われるようになっています。これはたとえば、AWS(Amazon Web Services)の「AWS Lambda」を使ってログをバックエンドのサーバーに転送する仕組みを稼働させたり、GCP(Google Cloud Platform)の場合であれば、「Dataflow」といったネイティブサービスを使ってログをバックエンドのサーバーに転送したりといった方式です。

 このほか、OSSのコンテナ運用管理ツール「Kubernetes」で管理されたコンテナ環境からログを収集する方式も標準化されつつあります。これは、Kubernetesの「DaemonSet」を使いエージェントをすべてのコンテナノード(「Worker」ノード)で動作させ、ログを収集するというものです。

次のページ
トレースを実現する要素技術とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
クラウド時代に求められる「オブザーバビリティ」とは連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

清水 幸弥(シミズ ユキヤ)

Elasticsearch株式会社
ソリューションアーキテクチャ、シニアマネージャーSolution Architectとして、Elastic製品の提案活動、顧客の検索プロジェクトやデータ分析プロジェクトにおける技術支援に従事。Elastic入社前は、複数の外資系ベンダーにて、主にクラウドインフラやITO...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/16812 2022/10/27 08:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング