SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

北川裕康のエンタープライズIT意見帳

エッジイノベーション、永続的学習文化、ITaaS、信頼境界──DeepTechによって求められる「4つの転換」

今回はマッキンゼーの技術トレンドレポートに書かれている「エッジでのイノベーション」「永続的に学習する文化」「IT-as-a-service」「信頼境界の拡大」を紹介し、 DeepTechによって求められる転換とは何かを考察します。

マッキンゼーの技術トレンドレポートを読む

 DeepTechという言葉を、最近、よく見るようになってきました。名前から想像できるように、大きな社会的な課題をDeepなテクノロジーで解決しようとするのものです。Deepといっても、AI、ビッグデータ、IoTなど、我々が話題にしている技術とそれほど違いはなく、実は課題を解決する対象と投資額の問題といえます。基本的な技術は、DXであろうと、DeepTechであろうと、デジタルによる最適化であろうと、あまり変わらないことが分かります。

 基本的なコンピューティングのアーキテクチャは変わらないものの、処理の粒度、スピード、そして、拡張性が飛躍的に増加しています。私がマイクロソフトに入った当時の1993年、1TBのハードディスク装置をみると、あまりの大きさに圧倒されましたが、現在は簡単に持ち運びが可能です。イーサネットも200Gb、400Gbなど、ますます高速化が進み、もうコンピュータの内部バスより速くなっています。コンピューティングパワー、帯域幅、アナリティクスの精巧さといったこれらの変化の大きさがドライバになり、AIや機械学習、ビッグデータ、3D、仮想化、ブロックチェーンなどが進化して、イノベーション、DX、DeepTechへの扉を開いています。これらの技術的なトレンドを理解して、自社のビジネスに応用する準備と提案することがこれからのIT部門に求められると考えます。

 マッキンゼー社のレポート「Tech at the edge: Trends reshaping the future of IT and business」では、技術イノベーションが加速する中、企業は4つの根本的な転換を迫られていると述べています。その4つは、以下です。

  • エッジでのイノベーション
  • 永続的に学習する文化
  • IT-as-a-service
  • 信頼境界の拡大

次のページ
エッジでのイノベーション

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
北川裕康のエンタープライズIT意見帳連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

北川裕康(キタガワヒロヤス)

35年以上にわたり B2BのITビジネスにかかわり、マイクロソフト、シスコシステムズ、SAS Institute、Workday、Inforなどのグローバル企業で、マーケティング、戦略&オペレーションなどで執行役員などの要職を歴任。現職は、クラウドERPベンダーのIFSでマーケティングディレクター。...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17475 2023/03/10 08:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング