SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

統括編集長インタビュー

「ビッグテックの不振は一過性。より大局的な視点を」本当に曲がり角?福田康隆氏にIT業界の今後を訊く

【インタビュー前編】「SaaSだから」の特別扱いに方向転換の兆し、利益重視の姿勢に原点回帰


 2022年後半から、好調を続けてきたGAFAMなどのビッグテック企業のビジネスの不振が数多く伝えられている。それを受けこれまで順調に成長してきたIT企業のビジネスが、曲がり角を向かえているのではとの憶測もある。しかし、「長いスパンで見れば、一過性のトレンドに過ぎないだろう」と言うのは、ジャパン・クラウド・コンサルティング代表の福田康隆氏だ。新型コロナウイルスのパンデミックを経験してデジタル化、オンライン化が加速する中、IT業界はどのように変化していくのか。福田氏に現状のIT業界の変化について話を訊いた。

ビッグテックが大規模リストラ、転換期を迎えたのか

ジャパン・クラウド・コンサルティング株式会社 代表取締役社長 福田康隆氏。早稲田大学卒業後、日本オラクルに入社。2001年に米オラクル本社に出向。2004年、米セールスフォース・ドットコムに転職。翌年、同社日本法人で専務執行役員兼シニアバイスプレジデントを務めた後、2014年マルケト代表取締役社長として日本法人の設立に関わる。2019年買収により、アドビシステムズ専務執行役員 マルケト事業統括に就任。2020年1月より、ジャパン・クラウドのパートナーおよびジャパン・クラウド・コンサルティングの代表取締役社長に就任。著書に『THE MODEL マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス』(翔泳社、2019年)。
ジャパン・クラウド・コンサルティング株式会社 代表取締役社長 福田康隆氏。早稲田大学卒業後、日本オラクルに入社。2001年に米オラクル本社に出向。2004年、米セールスフォース・ドットコムに転職。翌年、同社日本法人で、専務執行役員兼シニアバイスプレジデントを務めた後、2014年マルケト代表取締役社長として日本法人の設立に関わる。2019年買収により、アドビシステムズ専務執行役員 マルケト事業統括に就任。2020年1月より、ジャパン・クラウドのパートナーおよびジャパン・クラウド・コンサルティングの代表取締役社長に就任。著書に『THE MODEL マーケティング・インサイドセールス・営業・カスタマーサクセスの共業プロセス』(翔泳社、2019年)。

 デジタル化が進み、DXの必要性が多くの企業で認知されるようになった。新型コロナウイルスのパンデミックへの対応で、生活やビジネスのあらゆるシーンでオンライン化が加速している。これらが追い風となり、好調な業績を記録したITベンダーは多い。

 とはいえ昨年後半くらいから、その雲行きが怪しくなってきた。オンライン化が進む中での急激な需要の増加に対応するために、多くのITベンダーが短期間に一気に人員を増やした。その反動が表れ、Facebookのメタやアマゾン、マイクロソフトらが1万人規模の社員削減を明らかにしている。

 さらにこれまで急成長を続け、様々な企業を買収し拡大を続けてきたSaaSのトップベンダーSalesforceも、成長率が鈍化し人員削減せざるを得なくなっている。ビッグテック企業を中心としたIT業界の隆盛も、いよいよ大きな転換期を向かえたのだろうか。

 福田氏はこれらビッグテックの不振は、一過性のトレンドに過ぎないと指摘する。新型コロナウイルスの市場変化に対応するため、ここ3年ほどで一気に膨張したものが元に戻っているだけだと語る。「ほとんどの会社の株価を見ても、2020年に急激に上がり、それが以前の水準に戻っています。そういう意味でも、現状の動向は一過性のトレンドだと捉えています」と言う。

 労働人口の減る日本企業はもちろん、グローバルで共通の企業課題に生産性の向上がある。生産性を上げるには、まずは人を増やす。人を増やすだけでは効率が上がらない。さらには日本では働き手が不足して人員はおいそれと増やせない。結果的にITの活用が、欠かせない。

 そう考えれば、多くのIT企業の業績は今後もまだまだ伸びると考えられる。「IT業界の中では、ハードウェアからソフトウェアへという流れがここ20年ほど続いています。ソフトウェアビジネスの成長はこれからも続くでしょう」と福田氏は言う。

次のページ
 「SaaSだから」に方向転換の兆し

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
統括編集長インタビュー連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

押久保 剛(編集部)(オシクボ タケシ)

メディア編集部門 執行役員 / 統括編集長1978年生まれ。立教大学社会学部社会学科を卒業後、2002年に翔泳社へ入社。広告営業、書籍編集・制作を経て、2006年スタートの『MarkeZine(マーケジン)』立ち上げに参画。2011年4月にMarkeZineの3代目編集長、2019年4月よりメディア...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17507 2023/04/03 22:35

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング