SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

EnterpriseZine Press(AD)

中小企業の細かな要望も見逃さない業種特化型ERPパッケージ「ASPAC」、クラウドニーズに応えて進化

ローコード開発ツール「Magic xpa」を駆使して、迅速かつ柔軟な対応を実現

中小企業で増加するクラウドニーズにどう応えるのか?

 アスコット 取締役 副社長の土師尊徳氏は、ここ最近、中小企業のシステム担当などから、DXにどう取り組めば良いかといった相談が多いという。中小企業がDXに取り組むには、必要なシステムをなるべく安価に導入し、運用管理の手間も削減する必要がある。手間とコストを削減して生まれた余裕で、ようやくDXに投資できるのだ。

 その第一段階として、デジタル化を推進しビジネスを効率化するASPACの提案機会が増えているという。そしてASPAC導入の際に「ローコードツールのMagic xpaを活用することで、個々の顧客のビジネスモデルにマッチしたシステムを安価に提供できます」と土師氏は言う。

画像を説明するテキストなくても可
アスコット 取締役 副社長 土師尊徳氏

 また、中小企業ではITシステムの専任管理者がいないケースもある。オンプレミスでシステムを導入していれば、サーバーやハードウェアなどの管理を誰かが担務しなければならない。その負担をなるべく減らしたい。そのためにクラウドを活用したいとの要望も増えている。さらにシステムにかかる費用を月額払いなどにすることで、初期導入費用が大きくなるのを抑えたいとの要望もある。これらコストの問題解決にクラウド環境が有効だ。

 従来アスコット社では、中小企業向けにクラウドのサービスを提供したいと考えていた。既に顧客の何社かでは、ASPACを個別にパブリックラウド上のサーバーで運用する取り組みも行われていた。とはいえ「クラウド利用にはそれなりのコストもかかり、運用のノウハウも必要です」と土師氏は指摘する。

 そのような状況の中、マジックソフトウェア・ジャパンから提案されたのが富士通の「FJcloud」を基盤とした「Magic xpa powered by FJcloud」だった。FJcloudは安価に利用でき、国産ベンダーによる手厚いサポート体制もある。そこで、アスコット社は2020年から、FJcloudをプラットフォームにしてASPACを提供するサービスを開始した。

 現状として初期費用を抑えたい企業を中心に、FJcloud上でのASPACの利用が始まっている。「FJcloudは、日々の運用管理が必要ないのが大きなメリットです。さらにセキュリティ、BCPの対応も容易です。特にランサムウェア対策などにも、FJcloudを選ぶメリットがあります」と森井氏は評価する。

 アスコット社ではこれまでも、セキュリティ対策やビジネス継続のために、オンプレミス環境でデータやシステムを多重化するなどで対処してきた。そのための構成を構築するには手間もコストもかかる。Magic xpa powered by FJcloudであれば、これらセキュリティやランサムウェア対策の構成も、マジックソフトウェア・ジャパン社に依頼することで容易に実現でき、その運用管理も任せられる。

 もう1つのクラウドを使うメリットが、定期的なハードウェアの更新からの解放だ。通常は5年ほどでハードウェアを入れ替えるが、そのための更新作業は手間もコストも大きくかかる。それがクラウドであれば必要なくなり、適宜クラウドベンダー側で更新し継続利用が可能だ。これらメリットが多いこともあり、今後は中小企業でもクラウド利用が拡大し、ASPACの既存ユーザーもサーバー更新タイミングなどでFJcloudへ移行する企業が増えると考えられる。

 また、Magic xpa powered by FJcloudがあったことも、アスコット社には大きなメリットだった。これまでASPACの開発、拡張のためにオンプレミスでMagic xpaを利用してきたのと同様の環境と使い勝手が、FJcloudの上でも実現できる。これにより、クラウド環境でもこれまでと同等以上の中小企業への支援が可能となっているのだ。

 アスコット社では安価で手厚いサポートがあることでFJcloudを選んだが、実際にいくつかのプロジェクトを経験し、使い勝手の良さも実感している。他のクラウドサービスでASPACを高い信頼性の下で安定して動かすサーバー環境を構築しようとすれば、それなりに高い技術力やノウハウが必要だ。結果的にクラウド上に環境を構築するのに数日から数週間の時間がかかる。

 一方、Magic xpa powered by FJcloudの場合は「必要な環境をマジックソフトウェア・ジャパンに依頼すれば、数日で使えるようになります。そのため、我々はASPACで顧客の業務改善をするところに注力できます」と土師氏。その上で全国各地の中小企業の顧客に対し、富士通と一緒にアプローチできる体制もある。富士通の担当者がアスコット社と一緒に顧客に対応できるので「安心して使ってもらえます」と言う。

次のページ
海外ベンダーにはない“一緒に取り組む”支援体制

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
EnterpriseZine Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:富士通株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/17867 2023/07/03 10:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング