SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2022

2022年9月16日(金)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT Initiativeスペシャル

日本品質を支える強力なパートナーシップ

日本のニーズを織り込んだトータルソリューションでネットワークを一元管理する

「日立システムの品質基準」が製品の完成度を底上げする

三輪
 日本からのリクエストで機能を実装してくれる海外製品というのはなかなかみつかりません。私も仕事で海外製品を使いますが、バグの対応や機能に対する要望について、十分な対応をしてくれないベンダーは珍しくありません。たとえば、障害が発生しても「再起動で直るから」などと言われて済まされてしまうなんてこともあります。本当は日本の企業は、そんなことでは納得できないのですが、これが海外ベンダーの言うところのグローバルスタンダードの対応です。ましてや日本ローカルのニーズを反映するとなるとさらに難しいのではないでしょうか。
西條
確かに、日本人の使い方は独特なところがあります。ユーザーさんによってはメーカーやこちらが想定していない大規模な環境で使ったり、すべての機能を使いこなそうとしすぎる傾向がありますね。しかし、それで苦労する半面、製品やシステムの完成度は確実に上がっていきます。NetScreenは、日本市場からの要望に対して、非常に前向きでした。そして、これはジュニパーさんになっても変わらないところです。日立システムアンドサービスでは、扱う製品について日立システムの品質基準に沿って社内でチェックも行いますし、製品を販売するだけでなくシステム構築なども提案するわけですから、フィールドで発生するようなバグも細かくつぶしていきます。他のメーカーでは、ここまでついてきてくれないでしょうね。
小澤
そうですね。品質や性能に関するこだわりは、古くから通信事業者向けというミッションクリティカルな製品を扱っていた、ジュニパーのFounder(創設者)のポリシーが生きているからだと思います。
ジュニパーネットワークス株式会社 
パートナービジネス本部 
本部長 小澤嘉尚氏

次のページ
日本市場に適合する品質を維持するためのさまざまな仕組み

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IT Initiativeスペシャル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ITイニシアティブ編集部(ITイニシアティブヘンシュウブ)

経営・ビジネス・ITをつなぐ実践情報誌「IT Initiative」編集部  

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2206 2010/03/26 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年9月16日(金)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング