SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Events & Seminars

テラスカイ、Google、Amazon、Windows Azureを繋ぐSaaS型データ連携サービス「SkyOnDemand2」発表


 テラスカイは11月25日(木)、パブリック・クラウドと企業内システム、およびパブリック・クラウド同士のデータ連携を可能にするSaaS型サービス「SkyOnDemand2」の発表を行った。新バージョンでは従来のSalesforceに加えて主要クラウドを新たにサポート。また、コーディング作業なしにユーザーがWebブラウザ上から直接連携の手順を定義するためのユーザーインターフェースが用意された。NTTソフトウェアと共同で2011年2月から提供を開始する。初期費用は60万円、月額使用料は7万円~。

株式会社テラスカイ 代表取締役 佐藤秀哉氏
株式会社テラスカイ 代表取締役 佐藤秀哉氏

 今回のバージョンアップの目玉の一つが主要クラウドのサポート。Windows Azure、Amazon Web Services、Google Appsまで対応範囲を拡大したことで、これまでメインにサポートしてきたSaleforceを含むクラウド間でのデータ相互連携が可能になった。例えば、Salesforce上にアプリケーションを構築しつつ、データについてはよりストレージ単価が安いAmazon Web Servicesを利用するといったシステム構築が可能になる。リリース時点では比較的要望の多いストレージ関連の機能が提供されるが、各クラウドの機能強化に合わせて対応範囲を段階的に増やしていく予定だ。

 また、ツールの利用形態も一新している。前バージョンではデータ連携の方法を定義する「スクリプト」を利用者側で作成することができなかったため、連携の必要が生じるたびにテラスカイ側に作業を依頼する必要があったが、システム変更の柔軟性などの理由からユーザーが自身の手でスクリプトを作成したいと望む声も多かった。そこで、新バージョンではSaaS形式で専用のユーザーインターフェースを用意した。利用者側はテラスカイに一切作業を依頼することなく、Webブラウザ上からドラッグ&ドロップ形式でスクリプトを作成できるようになっている。

取締役 竹澤聡志氏
株式会社テラスカイ 取締役 竹澤聡志氏

 その他、新バージョンには同社がクラウド関係のシステム構築で培ったノウハウが盛り込まれているのも特徴だ。例えば、専用のインフラが整備された社内のシステム環境と違って、インターネット環境では比較的頻繁に通信エラーが発生するため、それらを一律に異常として処理するのではなく、単純なものであれば一定間隔を置いて再試行するといった柔軟な対応が必要になる。

 SkyOnDemand2では、時間の経過によって解決される可能性のあるものについては、一定間隔ごとに自動的に再試行するよう設計されており、軽微なエラーを回避するための手間を省くように考慮されている。また、同様の取り組みとして、クラウドサービスの計画停止などで通信エラーが発生した場合は、データだけでなくHTTPリクエストのパラメータなど消失しやすい情報を含めて、エラー発生時と同一の形で再試行する仕組みをとった。バージョンアップ実施前にはSalesforceと同様のかたちでパッチ適用済みのテスト用クローン環境を無償提供し、利用者が構築したスクリプトの整合性を確認するための手段も提供する予定だ。

 「これまでアプライアンスなどの形でクラウドを含めたデータ連携機能を提供する製品は存在していたが、完全にクラウド上に移行したのはおそらく世界でも例のない試み。市場のニーズを見極めながら、利用拡大を図っていきたい」と代表取締役社長 佐藤秀哉氏は意気込みを語った。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Events & Seminars連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

「EnterpriseZine」(エンタープライズジン)は、翔泳社が運営する企業のIT活用とビジネス成長を支援するITリーダー向け専門メディアです。データテクノロジー/情報セキュリティの最新動向を中心に、企業ITに関する多様な情報をお届けしています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2680 2010/11/26 11:59

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング