SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT Initiativeスペシャル

企業とITをもう一度近づける、「クラウドモバイル」と「資産継承」

iPhoneの爆発的な流行、Androidの登場でますます活発になるスマートフォン市場。クラウドコンピューティングを語る上で、モバイルは切っても切り離せない。加熱するクラウドモバイル競争の裏で何が起きているのか。マイクロソフトのテクニカル・エバンジェリストの西脇資哲氏に話を伺った。

「サービス」だけのクラウドベンダーに未来はない

― マイクロソフトのテクニカル・エバンジェリストとして、現在のクラウドブームをどのように見ていらっしゃいますか?

 今現在、クラウドサービスだけにスポットライトが当たっている印象を受けます。新しいプレイヤーがメディア上にたくさん出てきていることについては、受け入れざるを得ないわけですが、そもそもITの流れとしてメインフレームからクライアントサーバー、そしてインターネットからクラウドときているということをしっかり踏まえたうえで、クラウドやモバイルの世界を説明していかなければいけないと考えています。

マイクロソフト株式会社 
テクニカル・ソリューション・エバンジェリスト 
西脇 資哲氏
マイクロソフト株式会社 テクニカル・ソリューション・エバンジェリスト 西脇 資哲氏

 かつて、メインフレームを変えるなどと言えば、少なくとも3 年から5年、長いときは10年がかりのビジネスというのが常識でした。また、クライアントサーバーのアプリケーションを作るといっても1年から3年くらいかかりました。それがクラウドとなると、ものすごい短期間でサービスとサービスを連携させて、いらなくなったらすぐに捨ててしまう。

 ベンダー側にとっては、“キャンセル”というリスクが出てくるようになりました。キャンセルどころか、そのサービスが世の中から葬り去られるようなリスク。しかし、それはサービスしか提供していなかったり、流行だけでソフトウェアを提供しているようなベンダーに多くみられる例でもあります。エンドユーザーからすれば、そのあたりをちゃんと見極める必要があると思っています。

 つまり、冒頭に述べたような、IT の歴史の流れの中でクラウドコンピューティングにシフトしてきたベンダーであるとか、クラウドコンピューティングの礎である基盤のところをちゃんと担っているようなテクノロジーを持っている企業であるかどうかという点です。クラウドと言うと、どうしてもサービスばかりに目が向かいがちですが、IT はそういう表面的なことだけじゃなくて、もっと奥深いものだと考えているので、そうした視点で技術について語っていきたいですね。(次ページへ続く

 

次のページ
企業ITをもう一度魅力あるものに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IT Initiativeスペシャル連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EnterpriseZine編集部(エンタープライズジン ヘンシュウブ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/2713 2011/01/05 00:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング