SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Online Monthly Special

EMCに訊く、「企業がHadoopを使うためにすべきこと」


いざ企業がHadoopを使おうとすると、さまざまな課題に直面する。Apache Hadoopは、いわゆるオープンソース製品であり、先進的な機能を取り込んで短期間に頻繁に更新される。オープンソース製品の先進性からくる高性能を得ようとすれば、自社内にそれを十分に扱える技術力が必要となる。一般企業が容易にHadoopを利用するためにはどうしたらいいのか?EMCに話を訊いた。

EMCは一般企業が容易に利用できるHadoopを提供する

「非構造化データを活用できれば企業の優位性につながる」草薙氏
「非構造化データを活用できれば
企業の優位性につながる」草薙氏

 「いままでの定型的なデータだけでは、企業のサービスや製品の戦略は限られたものだけになってしまいます」

 ―EMCジャパン データ・コンピューティング事業本部 テクノロジー & プロフェッショナルサービス部 テクニカルコンサルタントの草薙昭彦氏は、ビジネス環境の不確定性が高まる中、これまでの定型的なデータだけでは、新しいサービスや製品を生み出すための画期的な戦略を打ち出すのが難しいと指摘する。

 一方で、企業の扱うデータは急速に増えている。

 データベースに正規化して格納した情報を、これまで通りに定型処理し活用することはもちろん必要だ。それに加え、たとえばインターネットから得られるさまざまなログデータ、画像、音声、映像、さらには各種センサーから得られる多様なデータが続々と増えており、これらをどうビジネスに生かしていくかが新たな課題となっている。

 「他の企業がまだ利用していないデータを活用できれば、それはその企業にとっての優位性につながります」(草薙氏)

 まだ利用されていないデータの多くは非構造化データであり、それを扱うのに適している方法として注目を集めているのがHadoopだ。Hadoopは大容量な非構造化データを扱うのに、性能的にもコスト的にも優位性があり、スケールアウトで容量増加にも対応しやすい点で注目を浴びている。

 ところで、いざ企業がHadoopを使おうとすると、さまざまな課題に直面する。Apache Hadoopは、いわゆるオープンソース製品であり、先進的な機能を取り込んで短期間に頻繁に更新される。オープンソース製品の先進性からくる高性能を得ようとすれば、自社内にそれを十分に扱える技術力が必要となる。先進的な技術者を数多く抱えている一部の大手Eビジネス企業であれば、これを活用できるだろう。

 その一方で、一般企業がソフトウェアに求めるのは、信頼性、安定性、高性能だ。草薙氏によれば、「Hadoopが、市場で広く使われるようになるには、信頼性、安定性、高性能という要件を同時に満たす必要がある」という。

 実際にいまApache Hadoopを利用している企業では、活用のためのノウハウをいまだ確立できずにいる。そのため、コストも時間もかけ使いこなそうとしているところだ。オープンソースであれば、単一障害に上手く対応できない、プログラム実装に不安がある場合に、それを解決するのは利用者自身だ。とはいえ、一般企業が使う「商用」となればそうはいかない。そのため、EMCでは、信頼性と使いやすさ、そしてさらなるパフォーマンスの向上という3つの柱を立て、Hadoopの商用製品であるEMC Greenplum HDを提供していくという。

 「トラディッショナルな企業では、いままでのシステム管理と同じような仕組みに組み入れられる必要があります。そのため、通常利用しているミドルウェア製品と同じように管理できる必要があるのです」(草薙氏)

 このあたりが、EMCがHadoopを商用製品化する際のポイントとなる。そして、オープンソース製品をベースにしたものではあるが、EMCのようなエンタープライズ系製品で実績ある企業が提供し、保守サービスを行えることも、企業にとっては極めて重要になるだろう。

次のページ
Greenplum HDが高性能な理由

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Online Monthly Special連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3317 2012/02/10 17:35

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング