SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Online Monthly Special

EMCに訊く、「企業がHadoopを使うためにすべきこと」


Hadoop製品の2つのエディションはなぜ用意されているのか

 EMCでは、Greenplum HDについて、2つのエディションを用意している。1つはCommunity Editionで、こちらはApache Hadoopをベースしたもので、それに一部だけEMCが機能を追加している。サポートは基本的にはコミュニティベースで、ライセンスもサポートも無償で利用できる。企業での本番利用を考え、別途有償でのサポートも用意されている。Community Editionは、いままでHadoopを利用したことのない企業をターゲットとしたものだ。まずは無料で利用してもらい、Hadoopの良さを実感してもらいたいとのこと。また、開発用に利用することも可能だ。

 もう1つがEnterprise Editionで、こちらは前述したさまざまなEMC独自の拡張がなされたHadoop製品だ。そして、さらにこのEnterprise Editionをあらかじめハードウェアに搭載したアプライアンス製品の提供も行う。これならば、面倒なセットアップ作業、チューニング作業なしに、すぐにHadoopの高性能を利用できる。EMCではまずはCommunity EditionでHadoopの価値を実証し、さらなる活用を考えたならEnterprise Editionやアプライアンス製品への移行を促す。両者は完全互換なので、移行のための手間はない。

次のページ
Greenplum DatabaseならSQLからでもHadoopにアクセスできる

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Online Monthly Special連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3317 2012/02/10 17:35

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング