SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Online Monthly Special

EMCに訊く、「企業がHadoopを使うためにすべきこと」


Greenplum DatabaseならSQLからでもHadoopにアクセスできる

 Hadoopを実際に利用するには、その上に専用のアプリケーションを実装しなければならない。構築に利用されるのが、Map/Reduceと呼ばれるプログラミングモデルだ。Map/Reduceを利用するのであれば、Apache HadoopでもGreenplum HDでも手間や難しさは変わらない。Map/Reduceは、新たなプログラミング技術ではあるが、それほど難しいものではない。とはいえ、パラレル処理を最大限に活用し高性能を得ようとすれば、それなりに高いスキルが要求されるとのこと。

 「Hadoopを利用する際に、最適化された、よりよいプログラムを書くことは重要です。ある意味スーパープログラマーがいないと、大規模な環境を使いこなすのは難しい。このスーパープログラマーがいないと使いこなせないのは、ある意味製品の弱点になるかもしれません」(中村氏)

 もう1つの課題が、一般企業での情報の活用を考えたときに、Hadoopだけでは完結しないことが挙げられる。企業がビジネスの意志決定に利用するデータ、たとえば売上や利益などの数値はRDBMSに格納されている。そのため、これまで利用してこなかったHadoopに入れられたデータと、RDBMSにあるビジネス指標となるデータと合わせ分析を行う必要がある。このとき、あるデータにはMap/Reduceで、あるデータにはSQLでアクセスするとなると、プログラムは複雑になってしまうだろう。

 このようなHadoop単体ではすぐ解決しきれない課題をGreenplum Database の新機能が補完したとのこと。GreenplumDBとは Hadoop上のデータへの SQL でのアクセスを可能にするRDBMS製品だ。これならば、開発エンジニアはすでに身につけた SQLの知識だけで RDBMSもHadoopも活用できることになる。 

 「ポイントは、どこまでをHadoopに格納しどこまでをRDBMSに格納すればいいかというのを、きちんと切り分けて利用することです」と中村氏は言う。もちろん、この切り分けは固定的なものではない。利用を進めていく中で、いままでHadoop上にあったものが正規化されRDBMSに入れたほうが効率的になることもある。柔軟かつ容易に双方を選択できることで、より効率的なデータの活用が可能になるのだ。

 Greenplum HD製品群の中には、HadoopもGreenplumDBも搭載したアプライアンスもあるため、どのデータをどちらの方式で利用すればいいかを探るのも楽とのことだ。

次のページ
すでに企業にはデータが大量に、それを活用する知恵比べが必要だ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Online Monthly Special連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3317 2012/02/10 17:35

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング