SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Online Monthly Special

EMCに訊く、「企業がHadoopを使うためにすべきこと」


すでに企業にはデータが大量に、それを活用する知恵比べが必要だ

 J-SOX法の施行もあり、活用するしないに関わらず、企業にはさまざまなデータが蓄積されている現場がある。むろん、溜めているだけではそこから何も生まれない。しかし、なんらかの方法により、データを活用できれば、そこから新たなビジネスの芽を発見できるかもしれない。「海外においては、すでに莫大にあるさまざまなログの中から、タイムリーにおかしなものを発見し、それに迅速に対処する事例も出ています」と草薙氏。また、製造業などにおいては、製造ラインの各種システムからもさまざまなログデータが蓄積されている。「じつは、こういった中にこそ、ビジネスのチャンスやコスト削減のヒントが埋もれているのではないか」とも指摘する。

 情報活用する際、HadoopがいいのかRDBMSがいいのかという時代はすでに終わった。双方を使い分け、さらに融合させて活用するという、次なるステップに入っている。IT部門にとってはどの方法をどう活用し、迅速に情報活用できるかは、知恵比べのようなものだ。この知恵比べに勝つことができれば、ビジネスもおのずと拡大することになるだろう。

情報をどう活用していくのか?知恵比べのようなもの
情報をどう活用していくのか?知恵比べのようなもの

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Online Monthly Special連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3317 2012/02/10 17:35

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング