SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Data Tech 2022

2022年12月8日(木)10:00~15:50

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

Events & Seminars

BI戦略を成功させるための3つの論点、9つの変革のポイント

ガートナー リサーチ バイス プレジデント カート・シュレーゲル氏

IT業界の一大トレンドとなったデータ活用。ただし、ツールだけではBI戦略の実現が難しいことも事実だ。導入してはみたものの、IT資産の片隅で埃をかぶっているという話は珍しくない。企業文化にBIを根付かせ、ビジネス上のメリットを獲得するためにはいくつかのポイントを押さえる必要がある。本稿では、2011年7月20日(水)に開催された「ガートナー ビジネス・インテリジェンス&情報活用 サミット 2011」の中から、ガートナー リサーチ バイス プレジデント カート・シュレーゲル氏による講演の模様を再構成してお届けする。

BIを活用するための3つの論点と9つの変革

 福島第一原発事故の影響を懸念して日本への渡航を控える人々が多い中、「苦境に立たされている日本を救いたい」との思いでゲスト講演役を買って出たというガートナーのアナリスト カート・シュレーゲル氏。長年にわたってBI分野に関する調査、研究を重ねてきた氏によれば、BI戦略を立案し、それを実践する過程では以下の3つの論点と、それに伴ういくつかの変革を行えるかどうかが成否を握るという。

ガートナー リサーチ バイス プレジデント カート・シュレーゲル氏
ガートナー リサーチ
バイス プレジデント カート・シュレーゲル氏
BIを活用するための3つの論点、9つの変革ポイント
  • 論点1 対象は誰なのか
    • 変革1. 部門横断的なBIチームを確立する
    • 変革2. 集中化と分散化のバランスをとる
    • 変革3. パワーユーザーをサポートする
  • 論点2 目標は何なのか
    • 変革4. 企業の測定基準フレームワークを作成する
    • 変革5. 事実に基づいた意志決定をサポートする
    • 変革6. 顧客の方向を向いたBIを準備する
  • 論点3 方法は何なのか
    • 変革7. 外部情報ソースを活用する
    • 変革8. テクノロジーを活用してパフォーマンスを強化する
    • 変革9. コンシューマに優しいモバイルBIを導入する

次のページ
誰がBIを担い、誰に提供するのかを明確にする

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
Events & Seminars連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

久原 秀夫(クハラ ヒデオ)

フリーランス/ITライター

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3375 2011/08/05 07:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年12月8日(木)10:00~15:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング