SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

最新イベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2024 Summer

2024年6月25日(火)オンライン開催

予期せぬ事態に備えよ! クラウドで実現するIT-BCP対策 powered by EnterpriseZine

2024年7月10日(水)オンライン開催

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

Oracle、ビッグデータ参入の鍵はEngineered Systems~Oracle Open World 2011 Report


Exaシリーズを活かすOracle Enterprise Manager 12cが登場

「いかなるアプリケーションでも、Oracleで動いているものであればすぐにEngineered Systemsで活用できる」
「いかなるアプリケーションでも、
Oracleで動いているものであれば
すぐにEngineered Systemsで活用できる」

 Exaシリーズは、ストレージからサーバーまで揃っており、その上に必要なソフトウェアがフルスタックで用意されている。その特長はもちろん性能が高いことだが、さらに顧客のメリットなるのが管理の容易性だという。その理由はすべてがOracleによって事前に準備されていることもあるが、管理の容易性に大きく寄与するのが、最新版となるOracle Enterprise Manager(OEM) 12cの存在だとのこと。

 今回の12cで強化されたのが、Exaシリーズのリソースを細かいレベルまで管理できるようになったこと。利用しているExadataなりのイメージが図示され、そこから何らか問題が発生しているリソースが見つかれば、ドリルダウンして原因を究明できる。Exadata、ExalogicのリソースのプロビジョニングもGUIから一元的に行えるようになっている。

 これらの機能を使うことで、Exaシリーズもハードウェア視点でのリソース管理が容易に行えるようになった。さらに、サービスレベルなどのビジネス面からのKPIに基づいて、最終的にExaシリーズのリソースを割り当てるといった管理の仕方もできる。「OEM 12cを利用すれば、ビジネスKPIをテクノロジインフラに至るまで掘り下げて分析し管理できる」とクリアン氏。ITシステムが提供するものがテクノロジーではなくユーザーに対するサービスだと考えれば、このビジネスKPIから最終的にリソースを管理できるという発想、そしてその実装は極めて重要なものだと言えるだろう。

 最後にクリアン氏は、「いかなるアプリケーションでも、Oracleで動いているものであればすぐにEngineered Systemsで活用できる」とし、既存環境からの乗り替えも簡単に行えることを強調してセッションを終了した。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーターかつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリスト...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3496 2012/02/10 18:00

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング