SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

EnterpriseZine Day 2022

2022年6月28日(火)13:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

DB Press

Oracle、ビッグデータ参入の鍵はEngineered Systems~Oracle Open World 2011 Report


Oracle OpenWorld 2日目朝のキーノートには、プレジデントのマーク・ハード氏が登場。「Oracleはフルスタックの製品をベストオブブリードで提供する戦略をとっているが、すべてをOracleにしなければならないというわけではない。

Engineered Systemsでフルスタックも、「選択肢を提供」

Oracle マーク・ハード氏
マーク・ハード氏

 Oracle OpenWorld 2日目朝のキーノートには、プレジデントのマーク・ハード氏が登場。

 「Oracleはフルスタックの製品をベストオブブリードで提供する戦略をとっているが、すべてをOracleにしなければならないというわけではない。顧客には、選択肢を提供する」(ハード氏)。

 Oracleでは2011年までにExadata、Exalogicに代表される"Engineered Systems"を提供し、このフルスタックのベストオブブリード戦略を強力に推し進めてきた。これは、結果的に多くの顧客に評価されているとのこと。

 ソフトウェアとハードウェアを一緒に提供することで、新たな価値が生まれると主張するハード氏。このEngineered Systemsに対しては、45億ドル相当の研究開発投資を行っており、今後もさらに進化させていくとのこと。そして、2011年までの活動をビデオで振り返り、さらに今後の2012年以降にOracleが提供していくものとして、キーワードを次々と紹介した。

 紹介されたのはSPARC SuperCluster、Java7、Database Appliance、Fusion Applications、SPARC T4チップなどで、これらについては今回のOracle Open Worldの中で詳細が説明される。

次のページ
Oracleのビッグデータソリューションの1つの形、Oracle Big Data Appliance登場

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
DB Press連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3496 2012/02/10 18:00

Job Board

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2022年6月28日(火)13:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング