EnterpriseZine(エンタープライズジン)

EnterpriseZine(エンタープライズジン)

テーマ別に探す

Oracle、ビッグデータ参入の鍵はEngineered Systems~Oracle Open World 2011 Report

edited by DB Online   2011/10/04 14:30

Oracle OpenWorld 2日目朝のキーノートには、プレジデントのマーク・ハード氏が登場。「Oracleはフルスタックの製品をベストオブブリードで提供する戦略をとっているが、すべてをOracleにしなければならないというわけではない。

Engineered Systemsでフルスタックも、「選択肢を提供」

Oracle マーク・ハード氏
マーク・ハード氏

 Oracle OpenWorld 2日目朝のキーノートには、プレジデントのマーク・ハード氏が登場。

 「Oracleはフルスタックの製品をベストオブブリードで提供する戦略をとっているが、すべてをOracleにしなければならないというわけではない。顧客には、選択肢を提供する」(ハード氏)。

 Oracleでは2011年までにExadata、Exalogicに代表される"Engineered Systems"を提供し、このフルスタックのベストオブブリード戦略を強力に推し進めてきた。これは、結果的に多くの顧客に評価されているとのこと。

 ソフトウェアとハードウェアを一緒に提供することで、新たな価値が生まれると主張するハード氏。このEngineered Systemsに対しては、45億ドル相当の研究開発投資を行っており、今後もさらに進化させていくとのこと。そして、2011年までの活動をビデオで振り返り、さらに今後の2012年以降にOracleが提供していくものとして、キーワードを次々と紹介した。

 紹介されたのはSPARC SuperCluster、Java7、Database Appliance、Fusion Applications、SPARC T4チップなどで、これらについては今回のOracle Open Worldの中で詳細が説明される。


著者プロフィール

  • 谷川 耕一(タニカワ コウイチ)

    EnterpriseZine/DB Online チーフキュレーター かつてAI、エキスパートシステムが流行っていたころに、開発エンジニアとしてIT業界に。その後UNIXの専門雑誌の編集者を経て、外資系ソフトウェアベンダーの製品マーケティング、広告、広報などの業務を経験。現在はフリーランスのITジャーナリストとして、クラウド、データベース、ビッグデータ活用などをキーワードに、エンタープライズIT関連の取材、執筆を行っている。

バックナンバー

連載:DB Press

もっと読む

All contents copyright © 2007-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5