SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT Initiative Day(AD)

"ビッグデータ"をバズワードで終わらせないために - 日立製作所・山口氏×野村総合研究所・鈴木氏

IT Initiative Day/ビッグデータ時代のビジネス戦略 (2012.1.23) 日立製作所 セミナーレポート

ビッグデータの高速処理技術

 山口: データの高速検索や効率的な補完を可能にする蓄積/検索の技術としては、東京大学と共同で 超高速データベースエンジンの研究開発を行っており、従来型のデータベースエンジン比で約800倍の処理性能をめざすニュースリリースを2011年の6月に配信しました。今後、実証実験を経て、研究開発成果を反映した新しいデータベースソフトウェアの開発をすすめ、2012年度には事業化することを目指しています。

 そして大量の情報を対象とした集計/分析では、バッチ処理を複数サーバで分散実行する処理基盤、さらには既存のCOBOLのバッチでも活用できるようなミッションクリティカルな基盤が求められます。リアルタイム監視と同様に、日立はここでもミドルウェア製品「uCosminexus Grid Processing Server」を提供しています。

 鈴木: そうしたソリューションの活用も含め、日立が展開してきたビッグデータビジネスの具体的な事例にはどんなものがあるでしょうか。

ガスタービン保全、交通状況モニタリングなどのリアルタイム処理技術

 山口: 2つほどご紹介しましょう。

 ひとつは「ガスタービン保全システム」です。日立は世界中にガスタービンを納入していますが、これらのタービンが発信する情報を衛星通信を使って毎日収集しており、その量は1日あたり20GBになります。取得するデータの種類は圧力、回転数、温度などさまざまですが、これをインメモリでストリーム処理しています。もし異常な挙動を検出した場合は、直近データの変動パターンと比較し、「まだ大丈夫」「そろそろ部品を交換したほうがいい」などの分析をリアルタイムで行っています。世界中のガスタービンの保守をこのようにデータ分析しながら行っているわけです。

 もうひとつは「交通状況モニタリング」です。これは自動車の車両位置情報を分析して速度や走行方向を算出し、これらのデータをストリーム処理(約2,000件/秒)して渋滞を検出します。GPSデータと連携することで、リアルタイムで渋滞や事故などの状況を可視化して把握することが可能になります。

 鈴木: そういった事例で培ってきたデータ活用技術を一般企業に適用するとしたら、どんな例が考えられるでしょうか。

 山口: 日立のリアルタイム処理技術は、証券アルゴリズム取引に向けた技術として進展してきたので、監視系業務などには広く応用できると思います。たとえばITシステムの運用監視などに向いているのではないでしょうか。マシンルームの温度や稼働状況をリアルタイムに可視化するなどに力を発揮できます。そのほか、小売業などではPOSデータを売上の集計に使っているところは多いですが、これを在庫管理システムにも応用するなど、さまざまな使い方が考えられます。

次のページ
経営層がビッグデータに関心を持てば情シスのチャンス

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IT Initiative Day連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

五味明子(ゴミ アキコ)

IT系出版社で編集者としてキャリアを積んだのち、2011年からフリーランスライターとして活動中。フィールドワークはオープンソース、クラウドコンピューティング、データアナリティクスなどエンタープライズITが中心で海外カンファレンスの取材が多い。
Twitter(@g3akk)や自身のブログでITニュース...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3773 2012/03/05 13:06

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング