SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

直近開催のイベントはこちら!

Security Online Day 2024 春の陣

2024年3月13日(水)10:00~17:10

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けの講座「EnterpriseZine Academy」や、すべてのITパーソンに向けた「新エバンジェリスト養成講座」などの講座を企画しています。EnterpriseZine編集部ならではの切り口・企画・講師セレクトで、明日を担うIT人材の育成をミッションに展開しております。

お申し込み受付中!

IT Initiative Day(AD)

"ビッグデータ"をバズワードで終わらせないために - 日立製作所・山口氏×野村総合研究所・鈴木氏

IT Initiative Day/ビッグデータ時代のビジネス戦略 (2012.1.23) 日立製作所 セミナーレポート

経営層がビッグデータに関心を持てば情シスのチャンス

 鈴木: ビッグデータ活用においては、集積したデータから知見を得る、ということが非常に重要なポイントになります。しかし一方で、いくらデータを集めても「ゴミデータはしょせんゴミでしかない」という意見もあります。一般企業がデータ活用に踏み出そうとしたとき、まずはどのあたりから手をつければよいのでしょうか。

 山口: ビッグデータは何が重要なのか、それはいかに分析するかよりも、おっしゃるように集積したデータからいかに知見を導き出すか、です。そのためには大量のゴミの山から宝を見つけ出すような作業を要します。冒頭でも申し上げましたが、ビッグデータはこれまでのITの常識では通用しないことが多く、お客様だけでなく我々ベンダにとっても未知数の分野です。ビッグデータをどう活用していくのか、我々もお客様とともに考えていかなくてはならない。そのための足がかりとして、データを捨てずにまずは溜めておくことから始めていただければと思います。

 鈴木: では、ビッグデータ活用における最大の障壁としてはどういった課題が挙げられるでしょうか。

 山口: ビッグデータを活用してやりたいことは漠然としていても、それを数学的分析の理論に当てはめるのが非常に難しいことですね。どんなアルゴリズムを使えば効率的に分析できるのか、そういったモデルの確立が厄介なことが最大のネックです。いまなら数理統計学とプログラミングができる技術者なら、高待遇で迎えられるのではないでしょうか。

 もうひとつ、今後も課題として残るのがプライバシーの問題です。ビッグデータ分析はともすると消費者をより深く知る行為と直結します。個人情報の特定が可能なほどに消費者の顔が見える化されるわけです。これは一歩間違えると重大なプライバシー違反につながりかねません。こういった問題を避けるため、情報提供側は消費者から気持ち悪がられないようにデータを取得することを意識する必要があります。たとえば、加工する前にデータをマスキングして必要以上の個人情報を取れないようにする、個人情報そのものを暗号化する、などの方策が考えられるでしょう。

 鈴木: お話を伺っていて、確実にビッグデータは活用の時代に入ったと実感します。だからこそ、個人的にはこのままビッグデータがバズワードとして扱われるのは不本意に感じる部分もあります。しかしこのブームが続けば、逆に経営層がビッグデータに興味を示す可能性も高くなるような気もします。もしそうなったとき、情シス部門でも業務部門でも、以前からやりたいと思っていたデータ活用ビジネスがあれば、その機会に話を持ち出すチャンスかもしれません。

 山口: 国内企業でもCIOレベルであれば、ビッグデータというトレンドはかなり浸透してきたと思います。繰り返しになりますが、まずは、いままでは捨てていたようなデータや、TwitterやFacebookなど外に落ちているデータを拾うことから始めてほしいですね。このデータを蓄積するというところですでに挫折している例が多いようなので、残念に思います。日立だけでなく、ベンダはビッグデータビジネスに関するさまざまな知見をもっているので、ぜひとも気軽に相談してください。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
IT Initiative Day連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

五味明子(ゴミ アキコ)

IT系出版社で編集者としてキャリアを積んだのち、2011年からフリーランスライターとして活動中。フィールドワークはオープンソース、クラウドコンピューティング、データアナリティクスなどエンタープライズITが中心で海外カンファレンスの取材が多い。
Twitter(@g3akk)や自身のブログでITニュース...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

EnterpriseZine(エンタープライズジン)
https://enterprisezine.jp/article/detail/3773 2012/03/05 13:06

Job Board

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

EnterpriseZine(エンタープライズジン)編集部では、情報システム担当、セキュリティ担当の方々向けに、EnterpriseZine Day、Security Online Day、DataTechという、3つのイベントを開催しております。それぞれ編集部独自の切り口で、業界トレンドや最新事例を網羅。最新の動向を知ることができる場として、好評を得ています。

2024年3月13日(水)10:00~17:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング